脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

90秒で好かれる技術

そういえば

明日はフランスから上司が来る。

初めて会うんだった。

まあ、直属の上司ではないのだけど。

そこで、かったこの2冊を取り急ぎ読むか。

一朝一夕には身につかないだろうから、効果は期待しないが、失敗は減るだろうし、訓練としてうってつけだ。

てことで、読んでみた。

時間がないので重要そうな部分だけ。

まずは「好かれる」から。

  1. 笑顔で打ち解ける
  2. 相手の姿勢や動作を真似する(いわゆるミラーリング
  3. 相手の想像力をかきたたせる

まずこれ。

笑顔はなー。。。

まあ割りと自然に笑顔だとは思うけど、鏡で見ると自分不細工なんだよなーw

練習あるのみ、か。。。

ミラーリングは姿勢や動作だけでなく、言葉も同じ。相手が使っている言葉を使う。

これも結構忘れてるし、下手にやってると感づかれてる気がしてなかなかできない、さらにそれをやってるとそれに気を取られて肝心の中身が頭に入ってこないなんて事があるので、これも練習あるのみ。

相手の想像力を掻き立てるのは、セールスとかでなくても、親しくなりたかったら親しくなったところをイメージさせるように話を持っていけばよい。

例えば明日の話だったら、「何でも相談させてもらうね。今度フランスに出張行った時にも連絡するから時間ちょうだい。たぶんいろいろ相談させてもらうから。」みたいなことを言えばいいのかな。

あと、クローズドボディランゲージではなく、オープンでいるべき。

これはわかる。腕を組んだり目を伏せたり、足を組んだりはNG。

常に相手にオープンに見えるように、心臓を向き合わせているような形で。

ボディランゲージに同調していく。

これは難易度が高いが、呼吸のペースやbっv声の調子も同調していく。

とりあえずここまで。いずれ全部ちゃんと読む。

 

次は「相手の心をつかむ」も見てみよう。

5大原則

  1. 先手必勝で心を開く。相手を受け入れる。
  2. アイコンタクトをする。親しくなりたいという気持ちを込めて相手をまっすぐに見つめる。
  3. 微笑む。自信がなくてもとにかくやる。
  4. 挨拶も先手必勝。
  5. 身を乗り出す。

相手の名前を何度か出す。

あと、ここでは軽く触れられているが、「相手の名前を会話にちょくちょく挟む」のはとてもいい方法だ。

僕はこれがどうも苦手だ。すぐに忘れちゃう。明日はこれを意識しよう。

 

この2冊、結構かぶっている部分はありそう。

まあ同じ作者だし、ほぼおなじタイトルだしね。

「好かれる」の方が10年ほど新しいので(2001, 2011)、後に出したほうがより洗練されているのかもしれない。

 

これまで学んだ事も含め、明日の戦略はこうだ。

  • 服装は真面目な格好。
  • めずらしく髪型も整える。
  • 声をかける前に「僕はあなたが好き。あなたは僕が好き。だからこの会話は絶対にうまくいく」を心のなかで3回唱える。
  • 会話中も上のセリフを時々唱える。
  • 挨拶は元気よく笑顔で先にする。
  • 握手も自分からニュルッと先にする。
  • 常に笑顔で落ち着いて自信ありげに振る舞う。
  • 常にオープンポジションにする。
  • 動作、姿勢、口調、呼吸のミラーリングを試みる。
  • 相手が使った言葉を自分の発言の中で使う。
  • 発言の中に頻繁に名前を挿入する。

まあ明日全てうまく行くことはないだろうけど、いい機会だ。

意識してやってみよう。

 

転職面接の練習だ。