脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

転職:面接行ってきた!

昨日は会社を休んで

午前は長女の卒業式

午後は京都で面接

という奇しくも両方スーツを着るイベントだった。

 

卒業式はとてもよかった。

子供が次々と卒業証書を受け取る時に、夢や抱負を大きな声で発表するのは、子供の時の純真さを思い起こさせてくれた。

 

そのあとは新幹線に乗っていざ京都へ。

 

面接は5対1。

人事の方が一人と後は開発現場の方々か。

人事の方は30代前半で若そうな感じだったが、開発の方々は僕よりも年配に見えた。

 

まずは人事の方のリードで始まった。

まず、去年の確定申告で判明した、僕の収入は約1638万円だったのでそれを素直に伝えると「この額までは出せないけど、どこまでなら妥協できる?」と聞かれたので、2〜300万なら・・・と答えておいた。

まあそれでも高い水準だとは思う。

というより、自分でもそんなに収入があったなんて信じられない。

なぜならこの日銀行口座には38,000円しかなかったから。

最近マイにchい残高を見てはヒヤヒヤしてた。

口座にその1%もないってどういうこと?

 

履歴書を見ながら、高校の時の大学への志望理由から現在に至るまで、今までの生き方を細かく聞かれたので答えた。

アピールできたかはわからないが、きちんと答えられた。

 

その後開発の方々に順番に質問を受け、最後にこちらからの質問を受け付けてくれた。

 

45にしてようやく自分が生きる道が見えてきたので、この会社のこの仕事意外考えられない。

会社の哲学みたいなものはたぶん自分を合っていると感じた。

 

合否は2週間前後でお知らせとのこと。

 

時間オーバーしても面接が続いたことを考えれば、関心は持たれたと考えて良いと思う。また、面接中の感触は悪くはないがこればっかりはわからない。

ポーカーフェイスだから。

 

自分の中ではここ以外に行きたくないと思っているし、行ける気がしているが、どうだろう。

 

大学受験の時、新卒就活の時、アメリカ転勤の時、それ以外の選択肢は考えられない感覚。あの時の感覚が蘇ってきているが、今は若くないので、100%のワクワク無敵感がない。

99%な感じで、少し心配。

 

あああああ、早く結果教えてくれえ〜

 

ダメでしたってのは認めたくないけど。

 

一方自分も今の会社では面接をしている。

評価する側としての経験も何かしら役に立っているとは思う。

 

しばらくは不安と期待が入り交じった、落ち着かない毎日が続きそうだ。