脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

アメリカ株はいつが買いどきか?

前回

11月に買い戻した時は

  • 米国経済が堅調
  • 世界経済に悪いインパクトを与えそうな懸念事項が見当たらなくなった

と「僕が」感じたときに買った。

結果としてなんとなく予想は当たった。

FMTAXはバイオテクノロジーセクター専門の銘柄だが、世界経済(米国経済)とある程度連動するので、売買判断は「米国市場がどうなるか」という観点で行う。

※業界特有の動きもある。

今回の全面株安

FBTAXは1/29月曜日に大きく下げ、その週は連続して下げ続け、ビビった僕は翌週火曜日の閉場時に売却した。

売る直前に2%ほど戻したので、少し被害が抑えられたのは幸運だった。

次はいつ買い戻すか?

僕はFBTAXだけを売ったり買ったりして401k資産を増やしていくつもりなので、FBTAXが再び上昇基調になったら買い戻す予定でいる。

いつ上昇基調になったと判断するのか?

米国経済のファンダメンタルはすこぶる良い。

失業率とかかつてないほど下がったらしい。

株価はともかく、景気は上り調子。

今回大きく下げた要因

経済は調子がいい。

ただ、市場参加者がみんな「それにしても株価あげすぎだろ」と考え、いつでも売り逃げるつもりで、椅子取りゲーム、チキンレースのような気持ちでいた。

そこでいくつか不安要素(起業決算が予想を超えないとか)が表面化した時点で一斉に逃げ出した。

みんな高値で売り抜けるつもりで虎視眈々と待ち構えていたわけだ。

ドミノとか、誘爆とかそんな感じで連鎖している。

次の展開

ということは、みんなが「株価が適性レベルにおちついた」と考えたらまたじわじわと株価は上昇し始めるだろう。

買うならその時!

ではどうやってそれを計測するのか

恐怖指数VIXを観測する。

VIXは米国平均株価と考えて差し支えないS&P500に対する投資家の恐怖感を表す。

通常は10~20で推移するが、今は33.46、火曜日は50まで上昇した局面があった。

これが13以下になったらかなり落ち着いたとみていい。

普通の株価には基準がないので「適正価格」というものがないが、VIXは計算の指数なので数値と意味が連動するはず。

「13以下はかなり落ち着いた状況」と定義できるはず。

今回はわかりやすいかも。

それまではじっと待っておこう。

f:id:chiwahi:20180209205302p:plain

ロイターズのニュースでは

jp.reuters.com

オプション市場の参加者からすれば、危険水域は20以上。完全に20を下回らない限りは油断できない。一段の株安を想定しておいた方がいい。

かつてのように米ダウが上値を追うような相場に戻るには時間が必要だ。

ボラティリティー(の高い局面)が終わったとは思わない。こうした動きは落ち着くまでに3週間ほどかかることが多い。市場関係者はポートフォリオを見直し、資産を再配分する。ボラティリティーが急に落ち着くことはない。

  • 少なくともVIX20以下
  • 落ち着くには3週間ほどかかるだろう

とのことなので、これらも参考にしよう。信じ切るということはないけど。

 

ちなみに昨日はまた4.32%と大きく下げたので、売って資産退避させていて本当に良かった!