脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

利益の秘密 #009 すべてを知り尽くすことの強み スペシャリスト利益モデル

これを勉強しています。

ゼネラリストとスペシャリストの差が利益率の差

別の言い方をすれば、汎用商品・汎用ビジネスで大きくまとめるより、各ビジネスの実状にあった深掘りをして理解・対応することで、

  • コスト削減できるし、
  • 顧客への価値を最大化できるし、
  • 価格も強気に出れるし
  • 評判が上がるし
  • 販売サイクルが短くなる

さらに

ソリューションを発明し、且つその方面でよく知られていたら

そのソリューションを繰り返し売ることで利益率が大きく上昇する

なぜなら開発コストは始めだけだから。

ソリューションの発明などはゼネラリストよりスペシャリストの方が生み出しやすい。

よくわからんが、つまり

浅く広くより、狭く深くにフォーカスして、顧客の価値を最大化するようなビジネスの方が利益率が高い

ということかな?

スーパーミントは

  • 強いミント+アイスクリームという組み合わせが新しいこと

しか武器がない。

大手に真似されたら簡単につぶされてしまう。

それを防ぐためには、

ブランドを確立させるしかない。

具体的には

  1. 早く固定ファンを育て、他社のはまがい物感、コピー商品感を出す
  2. ミントに関して他の追随をゆるさないような雰囲気を作る(強さ、質、発展の方向)
  3. 顧客数増大よりもリピート回数を増やす方向に進化する。
  4. 大手がニッチなエリアに参入する勇気が出ないよう牽制する

といったところか。

うーん、よくわからん。

シンプルなアイスクリーム事業はあまりこのモデルには適用しにくいのかも。