脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

利益の秘密 #008 利益追求に邁進する情熱 起業家利益モデル

これを勉強しています。

今回のは利益パターンと言う意味でのモデルではない。

模範という意味でのモデルの意味合いが強い。

これは原文は英語だろうから、「モデル」というのが、「プロフィットパターンを内包した」「参考にすべき見本」という意味なので、章によっては利益パターンじゃないこともある。

企業家精神を保つ

端的に言うと

  • 無駄なことはしない
  • 効率を考える

とにかく利益に向かって邁進する

起業時の利益追求精神を保つ

金銭的節約

  • 飛行機はエコノミー
  • ホテルも贅沢しない
  • 出張もできるだけ避ける

ビル・ゲイツも未だにエコノミーで移動しているという話を聞いたことがある。

ただ、これに関しては別の考え方があるときく。

金銭的な倹約を気にするあまり、快適な環境を手放し、事業に集中できないのは本末転倒だ、というもの。

僕は後者を支持する。

  • 理由1:ビル・ゲイツは成功しているが、他の成功者を見ればエコノミーに乗ることが必要条件ではないことに気づく
  • 理由2:僕は時差が生じる出張が嫌いだ。できるだけ快適な状態で過ごしたい。別の言い方をすれば金銭と引き換えに体力とか気力を消耗してしまうのは本末転倒だ。
  • 理由3:心の満足度が余裕を生む。

だから、金銭的余裕があるときはある程度のグレードアップはしたい。

金銭的節約はメリハリだと思う。その基準は多少主観的なモノになるだろう。

時間的節約

ただし、時間の節約に関しては反論の余地はない。

移動は時間を食う。

事業に専念する時間が減ってしまうのは良くない。

出張にいく必要が本当にあるのかどうか、出張せずに済ませられないかを検討したい。

ビジネスパートナーへとの付き合い

こちらも厳しい要求を伝え、徹底的にコスト削減を依頼する。

他にも

などなど、起業時の意識をいかに継続し続けることが重要だ。

これ、本当に難しそうだなー。