脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

ざっくり分かるファイナンス #015 おさらい

これを勉強しています。

おさらい1

ファイナンスは「ハイリスク・ハイリターン」が原則。

株主と債権者でのリスクは株主のほうがリスクを取っている。

ということは企業側にとっても株主資本コストの方が高い。

株主資本を注入してもらったからと喜んでいてはダメだってことだね。

そして負債コストと株主資本コストを加重平均したのがWACC。

負債コストは節税効果もある。

CAPMは株主資本コストを計算する代表的な方法。CAPM国債金利をリスクフリーレートとし、その上にリスクプレミアムを加える方法。

リスクプレミアムは株式市場の平均株価との連動係数βと、平均株価のリターンとリスクフリーレートの差をかけ合わせたもの。

筆者は

  • リスクフリーレートは2%
  • マーケットリスクプレミアムは5%

としている

おさらい2

株式投資におけるリターンの計算方法、これは簡単だし、直感的。

800の投資が一年後に824になったらリターンは3%。

哀しい思ひ出

アメリカにいる時、政策金利が一気に下がり(リーマンショックが原因なのかな?)、銀行の利息が0.1%とかになったので、お金を投資銀行に移して株式投資を始めたという経緯がある。

実際に僕は8万ドル(約800万円)を口座に持っていて、3%のときは年に24万円、月に換算すると2万円も何もせずに入ってきていたので、お金を貯めようという力学が働いた。

金利が0.1%になったことで、その800万+200万=1000万を投資銀行に入れ、儲かった時期も確かにあったがいろいろあって250万ほどにしてしまったのは悲しい思い出。初心者が無茶するもんじゃないね・・・

あの時バンク・オブ・アメリカの株を1000万にレベレッジをかけて2000万円分買って保持していたら今頃1億円ぐらいにはなってたろうに・・・今250万・・・