脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

トーストマスターズ #016 プロジェクト2:スピーチの構成

またスピーチの機会がやってきた。

次回の例会はスピーチマラソンと称してみんなにスピーチの機会を多く与える会らしい。

場数をたくさん踏むべきだと思っているので聞かれたら即立候補しておいた。

次はプロジェクト2

教科書には「スピーチの構成」というタイトルでインストラクションが載っている。

あんまり内容を公開するのは良くないらしいのでかいつまんで。

  • 枕ー本題ー結び の構成
  • 枕では聞き手の注意を引きつけ、トピックにリードしていく
  • 本題はせいぜい3つのメインポイントで、裏付けのマテリアルがあるとよい
  • 結びは見直しまたは要約、そして行動の予備明けか記憶に残るメッセージ

トピック選びが難しい

ただ、最近わかったことは、「自分の気持ちが乗らないと上手くしゃべれない」ことだ。

あまり興味がないトピックでも自分の気持ちを持っていくのもテクニックなのだろうが、今はそこまでの高みに行けていない。

まずは自分が自然とアツく語れるトピックを選択しなければならない。

なににしよう。アイスクリームしかないんだけど・・・

あと、各メインポイントに統計・象限・実例などマテリアルを用意しなければならない。

とにかく「えーと」をなくす

これをいいそうになったら沈黙する。ぐっと堪える。

探偵思考

おっ つかみはよさげ。

時系列に沿って話せばいいストーリーになる。

ある人のブログでハナマサだとわかった。

最近ハナマサでアイスクリームの写真を撮ってそこからいろいろなことがわかった。

ココらへんを広げよう。

ちょっとランダムに書いてみよう

  • 皆さんは何かをについて情報を入手したい時どうしますか?
  • たぶん多くの人がインターネットでGoogle検索をする「ググる」という人が多いのではないかと思います。
  • 私もググることが多いですが、今回はGoogle検索から実世界での調査へ移りその情報を基にGoogle検索で更に深い情報を得た、探偵さながらの体験を皆さんにお話します。

本題

メインポイント1

先日、ブックマークしているブログを読んでいましたところ、ラムチョップを安く美味しく作れた、という記事を発見しました。

<パソコン表示された記事を見せる>

私はラムが好きなのですが、うちの次女もラムが好きなのでラムを焼いて食べたいと思いました。

ラムってスーパーであんまり売ってないんですよね。

でも、どうしても食べたい。

どうしたか?

このブログは「50kgダイエットした港区芝浦IT社長ブログ」という名前で、このブログ主、ブログの筆者は港区に住んでいる方です。

だから、この方が購入した店が意外に近所かもしれないと思ったんです。

そこで、僕はこの写真に注目しました。

<写真を見せる>

皆さんはここから何がわかりますか?

え?このカーペットはプーさん柄だって?

よく見てください。ここにラベルがあるでしょ。ここに「芝浦店」そして電話番号が書いてあるんです。

私はこのキーワード「芝浦店 03-5419-8777」でググりました。

すると、肉のハナマサ芝浦店が出てきたのです。

どうですか?

(感嘆の声を待つための沈黙)

私はこの店行ったことなかったのですが、そういえば家から少し離れたところににハナマサっていう店があったなー、自転車通勤の道中にあるなーと思い出したんです。

芝浦店は少し遠いかもしれないので、別の店舗、「南麻布店」にいきました。

結論から言うと、無事にラム、買って食べることができました。

メインポイント2

ただ、僕の情報収集はこれだけでは終わらなかったんです。

私は最近なんとかアイスクリームをネットで売ることを副業にできないかと考えていて、アイスを見ると注目してしまうんですね。

もともとアイスが好きなんです。

ハナマサには初めて行ったのですがこの店は業務用の食料品を売っている店だったので、アイスのケースには2Lとかの業務用アイスが並んでいました。

全部で4種類ぐらいでしょうか?

持っていた携帯で写真を撮って帰りました。

この写真を見てください。

<写真を見せる>

これどちらも2Lの商品なんですが、値段がぜんぜん違うでしょ?

なんでだと思います?

私も思いました。

この値段の差は何なんだと。

そこで私がしたこと。

この写真をズームして文字を読むんです。

<写真を見せる>

そしてこちらのナポリのアイスと比較するんです。

どこに秘密があるのかな?

まず、原材料を比べてみました。

同じリストです。

原材料はたしか質量の大きい順に並べると何処かで聞いたので基本構成は一緒のようです。ただそれぞれの比率が微妙に違ってナポリのほうが高くなっているのかも。

包装はどう?ナポリのほうが金色のインクを使っているので少し高いかも。

これだけだとまだわからない。

次に注目したのは販売業者と製造業者。

ハナマサ&ユーロインターナショナル。

ナポリ&ユーロインターナショナル。

製造業者が一緒なんです!

さらにさらに、成分表示を見ると数字が完全に一致しています。

ということは、このアイスの中身は完全に一緒なんです!

実はアイスの中に含まれる空気の量が違うと味わいが違ったりするのでそこに若干の差はあるかもしれませんが、製造者も成分も原材料も一緒だったんです!

では、なぜ値段にここまで違いが出たのか。

ここからは探偵さながらの推理ですが、おそらく間違ってないと思います。

はじめはナポリから卸した商品だけを販売していた。

ハナマサが製造業者に着目して、全く同じレシピでPBブランドの商品を作った。

そうなると、今まで中間にいたナポリを排除することができ、より安い商品を提供できるようになった。

ただ、ナポリとの取引は仁義を切って継続している。

そういう推理が成り立つわけです。

メインポイント3

そして最終的に私は「ユーロインターナショナル」でググり、このアイスクリームの製造業者の存在を知り、いつかはここに製造をお願いしたい、そう思っているんです。

結び

この1枚の写真から情報を辿っていって、自分が欲しい情報を入手する。

ネットと現実世界から得た情報を組み合わせて探偵さながらの情報収集をする。

みなさんもこのような思考「探偵思考」を意識すると欲しい情報により近づけるかもしれません。

みなさんもぜひお試しください。

 

なんかうまくまとめればいい感じのスピーチになりそう。

ブラッシュアップと練習はまた明日以降。