脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

TED:AMY CUDY/Your body languages shapes who you are

かなり前に見つけたAMY先生のこのスピーチ。

とてもうまいし、心を打つものだったので強く記憶に残っている。

AMY先生美人だし。

www.ted.com

今スピーチの練習してるから、新しい気持ちでもう一度見てみた。

 

まず、このスピーチは後半のダイナミズムが圧巻だ。

やはり自身の経験からの言葉は力がある。

感情を揺さぶる。

必見。

内容

すばらしい。

日々の暮らしでもう一度姿勢のことを考えよう。オープン姿勢を心がけよう。

満員電車で体を縮こませて座っているよりもオープンな姿勢で立っている方がいいのかもしれないと思った。

スピーチなど、内容や構成大事だけどプレゼンス(見え方)が重要なのだ。自信を持って話さないといけないのだ。

怖くてもFake it 'til you become it(なるまでフリをする)なのだ。

はじめに何について言うかを表明する

いきなり本題を述べる。

しかし観客は背景を説明されていないので、半分わかったような気になって心の準備をする。

手に持っているのはスマホのカンペではなく、画面を操作するデバイスか。

ということはメモなしかな。

冒頭で観客に話しかける

よくあるのが問いかけだが、彼女もやはり問いかけをしている。

スピーチのつかみは必ず問いかけから始まるといってもいいぐらい定番のようだ。

笑い

冒頭でやはり少し笑いを取る。

各国の要人の映像で笑いを取る。

前半

科学的な話で、興味深い。

時折ユーモアも含まれている。

後半

自身の挫折経験、生徒がかつての自身と重なった経験などを感情的に述べ、観客を完全に味方につける。

その他

えーとかあーとかあまり言わない。

これは推測だがやはり緊張しているからか若干早口になっている気がする。