読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人間名刺の方向性

今通勤電車の中で本を読んでいて、会社の名刺ではなく、パーソナルな「人間名刺」の方向性が見えた。

 

まずはその名刺の存在意義というか目的を考えることが重要だ。

こんな初歩的なことに意識が行かなかった自分はまだまだ思考がこなれてないなと思う。

 

先日までは目的を

会社の肩書きを抜いた等身大の自分を紹介する

と考えていたが、これではダメだ。

 

紹介してどうしたいのか?

目的には「結果として人の行動に影響を与える」という結果レベルに落とし込まないと「結局どうしたいのか」がわからないし、目的の達成度を測れない。

 

そこで新たに設定し直した目的はこちら。

2つある。

 

印象を強くして覚えてもらう

雑談の糸口となるトピックを提供する

 

会社の名刺だと堅苦しいし話が広がりにくい場合もある。

よく言われるのは

プライベートを少し開示・共有して会話の糸口を掴む

のが、相手と打ち解けるのに効果があるということだ。

 

仕事とは別のマイ名刺をもっている

ことで第一印象を強くし、

話が広がりそうなプライベートな内容を多く書き込む

ことで会話の糸口を掴む

 

これだ。

相手の引っかかりポイントを増やすために、もしかしたら名刺の両面が必要になるかもしれない。

 

個人名刺は100枚ほどなら1000円以下でオーダーできるので、今週中にドラフトを作ってオーダーするところまで頑張ってみよう。

広告を非表示にする