土日がうれしい

いやー、一週間フルに働いた後はじめての週末。

なんか土日が今までになくうれしい。

 

考えてみると理由は3つあるな。

 

1.入社したての緊張の1週間から開放された。

フランス人の上司もフランスから来ていて、基礎知識が乏しい状態で多くの会議(英語)に出席したり、

なれない社内ルールに適応したり、

自分の机やパソコンの環境設定が十分にできてない状態で働いたり、

スーツ着たり、

大変だった。

 

2.平日のプライベートの時間が少ない

帰宅すると8:30頃で、子供とまともに触れ合う時間が1時間ほどしかない。

週末は十分に時間がとれる。

 

3.仕事日とプライベート日の区別が明確になった。

 

今の会社は、残業とか休日出勤とかはかなり制限されている。

 

朝も事務所は開いていないし、夜も事務所がクローズするそうだ。

 

オフィスの採光は十分なものの、お昼の休憩時間も消灯するし、机で昼寝している人もよく見かける。

 

田舎の山の中なので、お昼ごはんは社食。

 

多くの人が作業ジャケットを着ている。

 

隔離・パターン化されすぎていて、なんだか刑務所のようだ。

 

今までの自由な感じと真逆だ。

 

しかしなぜか逆に

 

働いたなぁ〜

 

と思えるw

 

また、逆に限られた勤務時間の中で集中しないと成果を出せない、と意識しているというのもあるかも。

 

会社のパソコンも社内ネットにつながらないとコミュニケーションできないようになっているので、勤務中以外は仕事の呼び出しなどに悩まされることは少ない。

 

これは僕にとって嬉しい。

前の会社ではそれが嫌だった。

 

会社とプライベートを完全に切り離せる。

とは言え、通勤時間が長いのもあって平日は完全に「仕事の日」だ。

 

そこに来ての完全なプライベートな週末。

  

は〜、メリハリもいいもんだ。

広告を非表示にする