読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Windowsつれえええ

家でも前の仕事場でもMacを使っていた。USキーボードの。

 

だが、転職先はWindowsの日本語キーボード(ラップトップ)が基本だった。

 

さらにMicrosoft Officeがすべての中心だ。

 

さらにさらに、勝手にソフトをインストールできないのでカスタマイズできない。

 

つ、辛い・・・

 

それでも、なんとか使いやすくしていかないと仕事のスピードが遅くなってしまう。

 

出来ることはこれぐらいだ。

 

1.設定のカスタマイズ

例えば日本語⇔英語入力切り替えが違うので、うざい。

これを見つけたところから出来る限り改善している。

 

2.慣れる&勉強する

Microsoft Officeで成立しているコミュニケーションに慣れるしかない。

3年以上触ってないし、その間にSkype入ったし、One Note入ったし、昔からのソフトもインターフェース変わったし、浦島太郎状態なので、慣れるよう努力したり、人に聞いたりして勉強している。

自分の好きなアプリが使えないのでは、あるものを最大限使えるようにすべきだし、結果としてはそれが最も効率がよいだろう。

また、日本語を入力するときは日本語のキーボード配置に慣れるしかないようだ。

ブラウザやアプリ切り替えのショートカットなども慣れるしかない。

 

3.周辺機器を導入

ラップトップのキーボードをUSキーボードとして使う設定はできたが、そもそもWindowsの日本語キーボードと、MacのUSキーボードではだいぶ違うので感覚がだいぶ違うし、狭くて打ちにくいので、最も薄くて軽いBluetoothのキーボードを買ってみた。

副次効果として、iPhoneでもキーボード使えるので、電車の中でこのブログ書いたり、本を呼んでメモしたり出来る。

 

あと、画面小さいのでモニター欲しい。

 

少しずつ整えていくしかないなー。

広告を非表示にする