転職はまだ道半ば

先日転職に成功した。

 

大きな会社であるし、まだいろいろ足並みが揃ってないからかもだが、めぼしい進捗もない。

 

転職に成功した、と書いたが実際は転職先で成果をあげてこそ成功と呼べると思う。

 

自動車業界の複雑さや巨大さに圧倒されると同時に、

  • スピード感の違い(ゲームやITより圧倒的にスピードが遅い)
  • 自分の存在の小ささ

などが目につく。

 

そりゃあ命を預かる自動車を世界各地で販売しているわけだからそうなるよ、と納得。

 

それが莫大な収益を生み出している。

それはすごい。本当にすごい。

 

だが、上に載せるソフトウェアが今後一層大事になってくることへの理解(危機感といってもよい)は、社内各所でも温度差があるようだ。

 

今日も幹部の多くをフランス人が占めているうちの部と、日本側の開発部で会議をしたがなかなか論点が噛み合わない。

 

正確に言えば、日本側も理解はしていると思うのだが、その先の他部署や幹部への説得材料に懸念があるようだ。

 

まず、会議のゴールがきっちり決まっていないので議論が拡散したりもしていた。

お陰で2時間の会議の成果がぼやっとしたもので終わった。

加えて、みんなが不得意な英語で話すので聞くだけで非常に疲れる。

 

今日はこれをみて

 

やべえ、先が超なげえ〜〜〜〜!

 

と思った。

 

こんな感じで成果をあげられるのだろうか?

 

そしてここで働いてて人材価値はあがるのだろうか?

転職でステップアップでも、社内昇進でも。

 

今のところはまったくイメージがわかないが、このコミュニケーションのまずさを解消しないと前に進めない。

 

これを自分がなんとかするのはどうか?

 

どうやって?

 

とりあえず、こういった立場の違いや温度差のある人達の間で同意をえるサポートをするファシリテーターとして貢献できないか?

幸い英語もできるし。

 

これって実は結構重要な仕事じゃないの?

大企業においては、こういう職業の人が必要とされているのかも。

 

ちょっと与えられた役割ではないけど、ここらへん、意識して行動してみよう。

そしたら成果出せるかも。

 

プレゼン能力、交渉能力など伸びるし、それを武器にできるかも。

そしたら人材価値あがるな。

広告を非表示にする