読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新しい上司はフランス人

かつて 明日があるさ という歌が流行ってこういうフレーズがあった

 

 あたらしい上司はフランス人 ボディランゲージも通用しない♪

 

当時は僕はアメリカにいて、

 

 アメリカ人+英語はわかるけど、確かにフランス人は未経験やなぁ〜

 

と思ったものだ。

 

月日が流れて、まさかの成り行きで上司がフランス人になった。

今日はじめて話してみたが、共通語は英語なので、問題はなかったw

 

で、はじめて口頭での説明を受けた。

 

正直話を聞くまでドキュメントを読む限り、なんだかイマイチ馴染みもないし、興味も持ちにくい分野の担当になった気がしていたが、話を聴いて180°考えが変わった。

 

これはやりがいがある!

ゲームほど遊びはないが、以下のような点が僕のやる気に火をつけた。

  • 最も収益が出そうな分野である
  • 車にまつわるビジネスとして新しい
  • はじめは企業が顧客だが最終的には個人レベルにまで浸透する可能性がある
  • ゲーミフィケーションの要素を差し込む余地がありそう。

収益が出るということは金額や顧客数などがわかりやすい数字で貢献度がわかる。

ビジネスとして新しいので、開拓者になれるし、夢がある。

ゲーミフィケーションで他と差別化・競争力増加が狙える。

いつか自分も自分が関わったビジネスエコシステムで副業できたらいいなーなんて妄想が広がる。

 

上司が言うにはできるだけ早くフランスへの出張して現地スタッフと会わせたいとのこと。

 

フランスかー。まさか僕があっちに縁ができるとはな~。

 

変化って楽しいなー。