投資をはじめたきっかけ

投資って自分は縁がないと思っていても割といつのまにか始めてたりする。

 

おそらくはじめはサンフランシスコ時代。401kという年金に参加した。

当時の先輩が「絶対にやれ。やらないと損だぞ。」みたいなことを言うもんだから、入った。

おかげで今これがもっとも大きな資産になっている。

 

そのあとハワイに移った後、独身でそれほど使いどころもなくお金が溜まり始めていた頃。銀行に相談して、これまたIRSだかなんだか、そういう年金に少し入れた。

 

そのあとロスに引っ越し。

2007年ぐらいのアメリカでは、銀行に預けた利息がなんと年利3%だったので貯金をしていた。

ところがリーマンショックのあと、ほぼ金利ゼロになってしまった。

お金を寝かせててもしょうがないと言うことで、今度は積極的に投資をしようと言うことになり、アクティブに株投資を始めた。

基本は簡単だ。安く買って高く売ればいいだけの話だ。

僕はそれで1000万を200万にしたw

ここでは大きな授業料を払ったが、いろいろ学んだ。

 

日本に帰ってきてからは投資にお金を回す余裕がないので、日本円ではやっていない。

次の仕事では少しはお金に余裕が出るだろうから、そしたらまたやりたいことがある。

AI投資だ。

NISAも興味ある。

 

やっぱり不動産より流動性が高くて結果もすぐに出る金融資産の方が性に合っている。