読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タトゥーをしないわけ

アメリカではタトゥーをしている人は本当に多い。

かなり一般的だ。

 

とはいえエリートでタトゥーをしている人は少ない気がする。

 

そこにはやはり社会的な何かがあるんだと思う。

 

日中のビジネスしている間はそういう物は見せないのがマナーというか、見えるところにしている人は労働者階級みたいなイメージでもあるんだろうか。

 

日本においてタトゥーはもっと肩身が狭い。

 

するかしないかをトータルで見るとやはりしない方が得だろう。

というかはじめはしてない状態なので、そこからわざわざする程のことはない。

 

僕がタトゥーをしない一つ目の理由は

  • やったことないし、社会的に不利になりそう(詳しくは知らないが)

 

そして、次の理由は

  • 病気こわい

器具やインクは使いまわしだったり衛生状態に不安があったりしたらこわい。

すっかり忘れた頃に病気が発症したりしたらいやだ。

なんとか肝炎とか。

 

さらに、最後の理由が

  • 自分のセンスを信じていない

自分が好きなものって時期とともに変わっていく。

これが一番ありそうでこわい。

 

若気の至りでタトゥーいれなくてよかったぁーw