読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金持ちへの階段

いろいろな経済活動のうち、自分の中で優先順位と言うか判断基準が決まっている。

  • 収入を得る
  • 消費
  • 貯金
  • 投資
  • 保険
  • 借金

 

収入を得るのは基本。

できるだけリスクなく楽して大きな収入を得るべし。

 

借金は利子がつく。

インフレは常に進んでいるので貨幣価値は下がり続けるがそれでも利子増大のスピードを超えることはない。借金は余程のことがないとすべきではない。

利子がないとか、確実に借金以上のリターンがあるとか。そうそううまい話はない。力学を考えれば成立することはそうそうない。

僕が家を買わないのもそう言う理由だ。

 

では得たお金をどのように使途分配すべきか。

これが自分の優先順位だ。

  1. 生活費
  2. 教育投資
  3. 保険
  4. 小貯金
  5. 投資
  6. 消費(贅沢)
  7. 大貯金
  8. 借金

※自分が健康で働き続けていられる前提

1.生活費

これは避けて通れない。

生活レベルを落とさなきゃいけないようになるのは嫌だが、多少の調整はできる。 

2.教育投資

我ら夫婦の教育投資は倹約。できるだけ安くすむ方法を考える。

ほとんどは子供の教育投資。

子供は英語だのアートだのフルートだの塾だの水泳だの色々ある。

地元麻布の少年消防団やイベントなど安価なものも積極的に参加させる。

教育費用対効果は若年であればあるほど高いのはデータで証明されているし実感としても違和感はない。 

3.保険

日本の場合健康保険は選択肢はない。

生命保険、がん保険は大人の分はかけておく。

僕が死んだり重病になったら、また妻がそうなったら生活は大きく変わる。精神的にもこたえるので、お金が入ってくるようにしておきたい。大事。かけすぎてもアレだが、月2、3万円程度か。 

現時点でここまで1〜3と収入のバランスで若干のマイナス。だからここから先に進むことができていない。今回の転職で収入がすこしあがるので今年はこの先に進めるはずだ。

4.小貯金

生活をする上で突発的に何かあった時に小金があると心強い。

根拠はないが(1+2+3)の3ヶ月分ぐらいあれば安心か。うちの場合は200万ぐらいか。

5.投資

収入でここまで到達できればベストだ。

小貯金が確保できればそれ以上貯金なんてする必要はない。大きなリターンを期待できる何かに全額投資する。経験のない不動産よりもいつでもポートフォリオ変更など融通のききやすい金融資産がよい。

6.消費(贅沢)

生活費と贅沢品の境目は判断が難しいが、貯金するぐらいなら使ってしまった方が良い。

もちろん今の生活に満足なら残ったお金は投資だ。

7.大貯金

少貯金以上の貯金は不要だ。貯金するぐらいなら投資や消費に回す。

今の銀行の利息はほぼゼロだ。持っているだけでインフレで目減りしていってしまう。

それなら使ったほうがよい。

8.借金

借金なんてインフレと利子のダブルパンチで、借金した時点で資産の元の価値からかなり損だ。とにかく全力で避けなければならない。

 

当面の目標は無理なく5まで到達することだ。

ここまでくれば生活は良くなる流れにはいる。

金持ちへ続く上昇スパイラル。

早くそうなりたい。

 

そのためには

 収入 > 1+2+3

を達成しなければ行けない。

転職で収入を増やしたので、1+2+3の部分を増やさなければきっと4に進むことができ、それを達成したら5に進むことが出来る。

 

広告を非表示にする