読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確定申告に行って来た

自分語り サラリーマン

転職先に入社するまでの有休消化第1日目は麻布税務署に確定申告に行って来た。

 

むーん、お昼頃ののどかな雰囲気の街を歩くのはなんとも背徳感&開放感があってよいなw

体と心が軽くなったようだ。

 

去年は医療費が218,900円かかった。

10万円以上なので還付が受けられる。

 

ふるさと納税は165,000円寄付した。

これも還付と住民税控除で163,000円お得になるはずだ。

 

税務署に行くと係の人が手際よくサポートしてくれるので本当に楽で早い。

 

還付金額が57,283円だった。

せっかくなので検算をしてみよう。

正直細かい計算の方法は知らないので今勉強しておく。

 

医療費による税の還付

医療費控除の還付金は、いくら?計算方法はコレ [お金が戻る!2017年版 確定申告 - 確定申告] All About

とりあえず去年払った医療費218,900円は生命保険など任意保険から補助は出なかったので、そのまま計算できる。

218,900 - 100,000 = 118,900・・・控除対象

うちの「課税所得」が「330万円を超え、695万円以下」なので20%。

118,900 x 20% = 23,780円・・・還付金①

 

ふるさと納税による還付

総務省|ふるさと納税ポータルサイト|ふるさと納税のしくみ|税金の控除について

寄付金総額は165,000。これがそのまま対象だとすると、

(165,000 - 2,000) x 20% = 32,600円・・・還付金②

 

還付金合計

23,780円・・・還付金①

32,600円・・・還付金②

これを足した額56,380円にならないといけないはずだ。

実際の還付額は57,283円

若干計算合わないですけど。計算より903円多く還付されている。

なにか謎の要素があるのか。

 

ともあれ、それほど大きくハズレていない。

これでよしとする。 

 

ふるさと納税

  1. 寄付総額165,000円のうち2000円は戻ってこない
  2. 残った163,000円の20%は所得税還付(去年納税済みから)←今回の還付
  3. 残った163,000円の80%は住民税控除(今年これからの住民税から)

という内訳になるはず。

3は今年130,400円分の住民税が控除されるので、月に1万円強は税が軽くなる、ということなのかな?

 

ちなみに心配だった点、

 

医療費の税還付計算とふるさと納税の税還元計算は影響し合うのかどうか?

この答えはNoだそうだ。

 

兼ね合いを考慮しなくていいので今年も医療費に使った金額を気にせず、心置き無くふるさと納税に参加できる。

 

これうそやん。

ふるさと納税サイト [ふるさとチョイス] | 控除金額シミュレーション

 

ここで去年の医療費控除額を変更したら結果変わるやん。

まあ僕が税務署での聞き方とかが悪かったかで意図が通じてなかったのかもしれん。

やっぱり人を信用せずに自分で調べるのが一番だ。

 

いずれにせよ、昨年は19万円強まで自己負担2,000円で済んだそうなので、今年は日和って165,000円までしかしなかったことを悔やむ。

もう少し行けたなw

今年は去年よりも少しだけ年収も上がるだろうから行ける金額も更に上がる気がする。