アルバイト

日本では従業員の副業を禁止している企業があると聞く。

 

信じられない。

本業に関係ないじゃん。

 

今お金ないし、転職の狭間で時間あるし、アルバイトするか、みたいな話になって、ちょっと調べてみる。

 

時給1,000円ぐらいだと1日働いて8,000円。

 

なんだろ、今の生活レベルと照らし合わせると、やる気でない。

 

肉体労働もきつい

オフィスワークも、うーん。

 

それにアルバイトとはいえド短期だと選択肢も狭まってくる。

 

「どれもしんどいわーw」

なんて夫婦で話していたら奥さんが

 

「子供のプログラミング教室やったら?」

 

と。

 

そんなわけで定員3名、2時間コース、参加費2,000円の教室を企画して、奥さんに営業してもらった。

 

今日無事に長女の同級生が3人集まって、無事に開講することができた。

 

6,000円ゲッツ。

 

これは繰り返しもそれほどできないし、募集規模も参加規模もそれほど大きくスケールアップできないけど、一般的なアルバイトと比較すると全然楽だ。

自宅だし。

 

家計の足しとしても全然物足りないが、同じ時間の過ごし方という視点で考えれば、

 

通常の日曜日なら何かしら消費するはずのところをアルバイトで収入を得る

 

というのは収入以上の利があるとも言える。

 

これは土日に自分の都合のいいときにできるので、副業として続けよう。

ゲーム業界の経験をアピールすればこういう小銭の稼ぎ方もできるな。 

 

まあこれは本業にはなりえないスケールだけど、実益を兼ねた趣味としては悪くないかも。

広告を非表示にする