読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やりがいvs報酬

転職を考える時、

 

やりがいを取るのか

報酬を取るのか

 

みたいなことが頭に浮かぶ。

 

やりがいのために報酬には目をつぶる

 

という場合、なんだか悔しい感がある。

 

やりがいあるんだから、報酬で贅沢言わないでね、と言われている気がする。

 

報酬はもっと欲しいのに、やりがいは申し分ないから自分を無理やり納得させている気がする。

 

僕は2回の転職でわかったことがある。

 

転職先は現在の報酬に対し、相対的な数字を出す事が多い。

今の報酬額に近い数字を出してくる。

 

すなわち、一度報酬額を下げると、その次の転職にも影響する、右肩上がりが難しくなる。

 

だから、報酬は遠慮せずにしっかりと希望額を伝える。

今の報酬額よりも大きい額を伝える。

リクルーターを通じて伝えることができるので、気に病むことはない。

 

報酬はそんなに簡単にあがらないものなので、転職を機にちゃんと大きめのアップを目指すべきだ。

 

もちろんやりがい、仕事内容は当然自分が満足するものでなければならない。

 

ようするに、

 

両方を取る。どちらかを犠牲にしない。

 

ということ。これが大事。

 

そりゃ、両立は難しい。

 

でも簡単にどちらかを犠牲にすると、不幸になる。

 

そのためには自分の人材市場価値をできるだけ把握することが重要だ。

自分に自信を持つことが重要だ。

広告を非表示にする