読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

役員と社員

これを書いている今、まだ二社目のゲーム会社に在籍しており、管理職をしている。

 

管理職はマネージャー、現場仕事を実際にすることは少ない。

その下で働く人はプレイヤー、現場をグイグイ動かす。

 

マネージャーの上には更にマネージャー陣を束ねるマネージャーがいて・・・

その頂点に社長とか会長がいる。

 

下から見れば上司は会社を代表しているように見えるが、上司も同じ労働者。

 

では、どこからが経営陣と呼ぶのか。

 

日本の会社法で「役員」「社員」と明確に区分定義されている。

 

役員は、取締役のことを指す。(他にも監査役、会計参与があるが)

社員は、労働者(従業員)のことを指す。

 

役員が経営を決定し、社員が労働力を提供するという形。

 

なので、従業員目線での「会社」といえば「役員」のことを指すといっても差し支えない。

(株主はオーナーの立場で経営実務はあまり口出さないので)

 

また、法律上の取締役という「役員」と、社長などの「役職(職位)」は違うもの。

 

代表取締役をする人が社内で社長という役職を兼ねることが多いから

 

代表取締役社長

 

と呼ぶことが多いだけだ。当然例外もある。社長の代わりに将軍だっていいわけだ。

 

また、執行役員という役職があるが、それも社内の役職名だったりするので、依然役員ではなく社員である。紛らわしい。「みなし役員」「役員のつもり」「実質役員」というような意味だろう。でも、厳密には社員である。

 

そう考えると、今の部長的な肩書も、社内の役職であって、役員でなく社員であることは変わりがない。会社・上司の監督のもと労働をする者なので、労働基準法に守られているし、雇用保険、労災の対象になる。また、お給料も「従業員給与」と呼ばれる。

 

一方、役員は、労働基準法雇用保険、労災の対象ではない。一般の労働者と違い、労働時間に下限、上限等ない。ただ責任も大きい(会社の失敗の責任を負う)。また、通常2年の委任契約で、期限が来れば更新するかどうかの補償はない。その分、「役員報酬」は高いことがおおきい。

 

社員は昇進すれば役員になるわけではない。

社員は一旦退職をしてから、役員としての期間限定の契約を結ぶ。

 

ただ、社員→役員への序列のグラデーションがなだらかに見えるので、従業員もそこを目標にするし、意識も労働者→会社側としてのグラデーションが形成されやすい。

 

もちろん企業にとっては、社員であっても高い経営者意識を持っている方が都合がよいのは確かだ。

 

しかし、厳密に管理職も一介の労働者であって、そこは明確に意識しなければいけない。労働従業員の報酬と責任、役員の報酬と責任には大きな隔たりがあるのだ。

 

それを意識しないと、従業員が従業員給与なのに、役員レベルのコミットを負わされたり、損をする羽目になる。

「会社」と「労働者」の線引ははっきりしておいたほうがよい。

 

とはいえ、こんなことを理解し意識している従業員はおそらく少ないので、会社でも表面上はうまく付き合っていかないと行けないし、僕はこのブログで少しでもそういうことがわかる人を増やせればいいな、と考えている。

 

当然僕は役員の経験がない。

まだバリバリの従業員だ。これからもずっと従業員な気がする。

いや、野心は漠然とあるけど。

広告を非表示にする