読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Lay offの現場

Lay offはいつも突然にやってくる。

 

朝来たら社内ネットワークがつながらない。

 

ちょっとしたら人事の部屋に呼ばれる。

 

そしてLay offが告げられる。

 

その後の手続を説明され、ひどいときはそのまま机に戻ることも許されず、私物は後で自宅に送ってもらう。

 

もしくは自席に戻り(当然パソコンは取り上げられるか監視があって触らせてもらえない)、私物をダンボールにいれ、それを抱えて出ていく。

 

大体は朝のうちか午後一に行われるので、気がついたら隣の席が空だったりすることもある。

あれ?同僚がいねーな?と思って周りに聞いたら「さっきLay offされて帰っていったよ・・・」という感じ。

 

唯一のいいところは、1〜2時間しか働いていないのにその日はフルで仕事をしたとみなされることだ。

 

映画などでレイオフされるシーンはよく見るが、僕にはリアルに感じる。

 

お陰で自分の人材価値や人材市場でのアピールの仕方を意識することを学んだ気がする。

広告を非表示にする