確定申告に必要な書類と準備

1.マイナンバー マイナンバーカード もしくは マイナンバー通知書とフォトID が必要だ。 マイナンバーと似たようなものにアメリカのソーシャルセキュリティ番号(SSID)というのがある。無論僕も持っている。アメリカでは通知書の原本なんかいらない。皆自…

確定申告に行って来た

転職先に入社するまでの有休消化第1日目は麻布税務署に確定申告に行って来た。 むーん、お昼頃ののどかな雰囲気の街を歩くのはなんとも背徳感&開放感があってよいなw 体と心が軽くなったようだ。 去年は医療費が218,900円かかった。 10万円以上なので還付が…

報酬が高い企業で働く

業界(商材と収益構造が類似の企業群を指す)の収益構造・市場特性を考えると、一口にサラリーマンといっても業界によって給料が違うのは当然のことだ。 しかし個人目線では、自分の価値=報酬絶対値と言うような部分がある。 自分の収入を満足行くものにし…

アルバイト:準備&コスト

はじめてのプログラミング講座は好評だった。 講師をするにあたって、準備したのは以下。 いやー便利な世の中だ。コスト低い。 すでにうちにあるものを利用している部分は新規コストとは考えない方向で。 準備したもの・こと 3 x iPad mini 教育アプリのイン…

アルバイト

日本では従業員の副業を禁止している企業があると聞く。 信じられない。 本業に関係ないじゃん。 今お金ないし、転職の狭間で時間あるし、アルバイトするか、みたいな話になって、ちょっと調べてみる。 時給1,000円ぐらいだと1日働いて8,000円。 なんだろ、…

退職時の誓約書

転職のときは、退職処理、入社処理でいろいろ書類を出したりする。 退職書類に誓約書なるものの提出を求められた。 あれ、この会社にもあるんだ。 まずはググってみる。 自分的には誓約書に署名する必要なしという結論。 この提出が最後の給与振込のブロッカ…

今の会社の昇給・賞与計算

昇給、賞与の計算にも歪はある。 部全体で昇給原資、賞与原資が与えられる。 原資=総額のような意味だ。 この部に配られた昇給原資・賞与原資を個人に分配する形になる。 しかし部への分配計算方法が謎だ。 部の構成メンバーも微妙に違うので前回と同条件で…

今の会社の人事評価

退職する最後の週に部下に対し、前半期の評価(給与・賞与含む)を伝える面談をした。 一番はじめに伝える内容は決まっている。 今回の人事評価は、◯◯さんのラインの上長全てで評価し、最終的には本部長が本部内と同一グレード内で相対評価を付けて決め、今…

僕がゲーム業界を離脱する6つの理由

僕は21年働いたゲーム業界を去る。 離脱だ。 自虐的には脱落とも言える。 理由は6つある。 1.メーカーからサービスへビジネス形態の移行 昔は家庭用ゲームのソフトを作り、お店で発売して、成功だ失敗だと言って、落ち着いたら次のゲームに取り掛かる。 …

最終出社日③:部のみんなからの言葉

恒例となっていたとはいえ、あまり期待していなかったのだが、夕方にみんなが集まって、お別れの儀を開いてくれた。 僕のイメージカラー(?)である、黄色とオレンジの花束と、デジタル寄せ書きをもらった。 ・サングリア何回も教えてくれたり、酔った自分…

最終出社日②:部下、元部下へのメール

それほどセンチメンタルになっているわけではないが、一応残していくみんなに贈る言葉をメールで伝えた。 ◯◯部で僕と一緒に働いてくれた方々へ この9ヶ月本当にお世話になりました。 何人かには話しましたが、僕は20年以上いたゲーム業界を去り、全く関係…

最終出社日①:メール、チャットでの反応

最終出社日。 朝、社内の人に向けて簡単なサヨナラメールを送った。 するとチャットやメールで、挨拶が飛んでくる。 実ははじめからこの職場はそれほど思い入れもなく、いつでもさっと旅立てるようにしていたつもりだった。 だからさらっと姿を消すぐらいの…

医療費は返ってくる

前の投稿でふるさと納税をするなら確定申告が必要だと書いた。 そして前年はふるさと納税を知らず、チャンスを逃したとも書いた。 しかし、医療費の控除は何故か知っていたので、税務署に確定申告をしにいった。 歯のインプラントをして、2015年の医療費総額…

ふるさと納税

サラリーマンのみんなはふるさと納税をしているだろうか。 僕は去年末、慌ててやった。 その前の年は知識がなく、やらなかった。 本当にもったいないことをした。 これ、サラリーマンなら絶対にやるべきだ。 ふるさと納税とは地方自治体への寄付金制度のこと…

退職予定を部下全員に共有した

朝のミーティングで四日後が最終出社日であることと今後のことをを簡潔に伝えた。 常日頃転職するために辞めていく部下に対し、僕らは労働を提供して報酬を得る従業員なので、そこに縛りは感じすぎなくていいし、自分の人生のデザインは自分で責任持ってやる…

鈍感力

鈍感力が大事だ とどこかで見聞きしたことがある。 詳細をしっかり読んでないか忘れたかで、その真意はわからない。 たぶん 目標に到達するには回り道は少ない方がいい そのために 本質と関係が薄い情報(=ノイズ)に気をとらわれず、本当に重要なものだけを見…

仕事的コミュ力をあげるたった2つの方法

今回は見出しに流行りの 〜するのに◯つの方法 というスタイルを採用してみたw このスタイルは興味を引きつけるいい発明だと思う。 でも最近は多すぎやしませんか。 それはさておき、早速本題。 まず僕が考える 仕事的コミュ力 の定義を述べる。 業務に必要…

推敲めんどい

ブログの文章、かなり散らかっている。 遂行して整えればそれなりのものになりそうなコンテンツだとは思うけど。 でも、浅い構想を持っていきなり始めて、紆余曲折しながら文章を終わるような書き方をしているので全然だめだ。 でも、めんどくさいから、しば…

歯車になれる幸せ

大企業のサラリーマンは歯車だ。(ネガティブ風味) という一般的に思われている考え方みたいなのがあると思う。 歯車 → 自由がないガチガチの労働 → 窮屈を我慢して働く生活 という ようなイメージだと思う。 僕も早く起業とかしてサラリーマンの世界から抜…

好きなことを仕事にしてよかった

はるか20数年前、大学で勉強もせず漫然と過ごしていた僕は、就職活動を始める時期に、ぼんやりと進路について考えていた。 意識が低い学生だったのもあり、そもそも働くということ自体イメージが沸かなかったし、分野は違うけど親と同じようにサラリーマンに…

Slow Death

Slow Deathにならないように気をつけろ。 僕がアメリカで働いているときに部下(アメリカ人)に時々言っていた言葉だ。 実際に慣用句として存在しているかはわからない。 (今検索してみたらそれなりに意味は通るっぽい) じわじわ死んでいく とか 少しずつ…

力学:全てに通じる考え方

力学。 世の中の人はこれを明確に意識して考えている人がどれぐらいいるのだろうか。 僕が知らないだけでそんなことはすっかり常識なのだろうか。 僕が「力学」と呼んでいるものは他の人は違う呼び名でよんでいるかもしれないが、ここでの意味は 人間の性質…

お金がない

日本に帰ってきてから2年半が経つ。 それなりに給料ももらっているが、現在口座には12万円ぐらいしかない。 給料日の前にカードの支払いがあるが、確実に足りない。 また妻の独身のときの貯金からお金を借りるしかない。 2年半働いて結果が12万円、と…

スキル&キャリア

自分の将来を考える時、 スキルとキャリア この2つを伸ばしていきたいと思うはずだ。 スキルとキャリアは相関関係があるしどちらも大事だが、転職においてはどちらかと言うとキャリアの方が重要だ。 なぜか 簡単にいうと、スキルは程度が量りにくく、キャリ…

やりがいvs報酬

転職を考える時、 やりがいを取るのか 報酬を取るのか みたいなことが頭に浮かぶ。 やりがいのために報酬には目をつぶる という場合、なんだか悔しい感がある。 やりがいあるんだから、報酬で贅沢言わないでね、と言われている気がする。 報酬はもっと欲しい…

コミュ力

コミュ力がある、というとどういうイメージを持つだろうか。 物怖じせずに初対面の人と楽しそうに話している人を指して 「あの人のコミュ力ハンパねえ〜」 とか言うイメージだろうか。 さらには 「俺コミュ力ないから無理だわ〜」 「俺コミュ障なんで無理っ…

アメリカ人が自身満々なわけ

なんとなくアメリカ人は自信満々なイメージを持っている人は多いと思う。 僕の17年のアメリカ生活でも実際にそう感じることは多かった。 ※以降、例によってアメリカ人、日本人、と一般論ぽく超乱暴に言っちゃうけど、あくまでも「そういう傾向にあるように…

妻にキモいと言われて

今日ふるさと納税の証明書が来てないので、山形県酒田市に電話してみた。 山形県酒田市なんて縁もゆかりもないし、ふるさと納税も返礼目当てなので、政治に関して何一つ知らない。興味もない。 だが、この件に関しては僕が一片の興味を持っていなくても酒田…

家を買わない

僕は賃貸に住んでいる。 家を買う予定もない。 今まで縁がなかった(ので知識も乏しい)、家を買うのはいろいろ大変そうだ、という行動を起こすための心理的ハードルもあるのだが、メインの理由は 弱みを作らない 落ち着きたくない 借金嫌い という3つだ。 …

社長と面接せずに就職する

僕は従業員が1000人以上の大きな一部上場企業にしか勤めたことがないので、採用されたこの3回の就活経験では、面接で社長に会うことはなかった。 もちろん僕が社長と面接するまでもない小物だからだ。 もっと小さなサイズの会社なら、大体最後は必ず社…

プロセスを見ない会社の話

先日成果至上主義には限界があると書いた。 そしてたまたまこういう記事を見つけた。 blog.tinect.jp 「短期的な業績だけを追い求めることにはならないですか?」 「それは短絡的ですね。目標の建て方次第だと思いますよ。長期的な目標、短期的な目標はバラ…

ブログを書く理由

もうすぐ44歳、転職も成功して、サラリーマンとしての生き方に関する考えが自分なりに固まってきた。 でも、会社の部下はみんな30代。おまけに上司も30代。 僕が色々言うと、おっちゃんのつまんない話だと思われるし、実際に彼らの人生に何ら影響は及…

会社から支払われる給与以外の所得

毎月の給与の他にも会社から支払われるお金はある。 今回はそれらの意味について考えてみたい。 賞与(ボーナス) 年に2回支払われたりする。 これは定額の基本給と違い、会社の業績などによって額が決定する。 半期に一度業績をレビューするから、年2回。…

武井壮は語る「ものごとの価値を決めるのは、人が求められる数だ」

武井壮は変わった人だ。 しかし、その独自の思想で、成功している。 言っていることはすごい。 難しいところは、他の人はなかなか真似できないだろうな、と言う点だ。 なぜならこの思考に深く共感して本心から同意しないと同じように続けられないからだ。 ww…

成果至上主義の弊害

成果至上主義には明らかに弊害がある。 成果に対して報酬を決める。 すごくまっとうなことに見えるが、会社組織にとって3つの視点で問題がある。 1.期間の問題 期間が絡むとどうなるか。 通常、人事考課は半年とか一年ごとにある。 そこで昇給が決定され…

交渉成功談:有給買い取りの交渉

今回の退職、本来ならば明日2/7が最終出社日だが、8日間分の有給を買い取りしてもらい、2/17まで出社する。 ちゃんと働いてお金をもらうので、どちらが勝ちも負けもないんだけど、日本では珍しい買い取りが実現したというのは勝ちのようなもんだ。 (今絶望…

交渉成功談:契約更新料の交渉

これは比較的最近のことだ。 昨年8月に賃貸の契約期間が終わることになり、契約を更新するかどうかの決断を迫られた。 まず、今の不動産屋からは6月頃から「どうする?」という催促が来ていたが、だらだらと8月まで伸ばしていた。 しばらくリサーチしたいと…

トーストマスターズクラブ

人前でうまく喋れるようになりたい。 コンサルほどではないが、企画を人に説明する機会がそれなりにあり、都度 もっとうまく伝えられればいいなあ もっと技術を磨いておけばよかったなあ と反省する。 先日書いた「交渉」と似たような感じだ。 機会はそれな…

仕事にまつわる正直な気持ち

僕にとって仕事にやりがいは絶対に必要だ。 夢中になればなるほど幸せになれる。時間も早く進むので苦にならない。 逆に仕事が気に入らないと地獄の時間だ。まったく時計の針が進まない。 人生に仕事は必要か? そう聞かれると、僕はNOと答えたい。 お金を稼…

VRはダメだ

もうすぐゲーム業界を去る身だが、VRについて書いておこうと思う。 ちなみに一瞬VRの部署に身をおいた時期がある。 VR、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)で、外界を遮断する形で体験するもの、という意味でのVR、これはダメだ。 暑重い 頭になにかかぶる、…

交渉成功談:家賃の交渉

今から5年ほど前の2012年。 カリフォルニアのレドンドビーチに住んでいた頃の話。 しばらく安いアパートに我慢しながら住んでいたので、そろそろ少し贅沢してもよかろうということで、同市内の一軒家を借りることにした。 家賃は$3,300。 今までが$1,800だっ…

交渉失敗談:ビザ関連サポート費用の交渉

記憶が新しいうちに書き記しておく。 ただ、これは正確には失敗とは言えないかもしれない。 交渉するための材料があればもっと有利に事をすすめることはできたかもしれない、という振り返りだ。 某国の企業のスタッフ数名(人数不明)を日本の自社に招聘する…

交渉に強くなりたい。

交渉に強くなりたい。 そして何事に対しても交渉をする人になりたい。 それには2つの理由がある。 1つは現実的な効果。 本来はできなかったことができるようになる とか なにかを得した とか そういった、現実面でのメリットを得るから。 もう1つは、心理…

退職の意志通知 その後4

これを書いたらバレちゃうけど、このブログが発見されるまで時間がかかるので、その頃には時効になっているとふんで、もう書いてしまう。 退職日の2/28から残りの有給休暇日数で埋めていくと、最終出社日は2/7になる。 今立て込んでいる時期なので、僕が突然…

退職の意志通知 その後3

今日上司から HRと話して有給の件、なんとかなりそうです。 と連絡がきた。 有給買い取りが実現するかも? もし実現するなら、今猛烈にお金ないから助かる。 それだったら有給全部売る気はあるけど、どれぐらい欲しいのかな。

役員と社員

これを書いている今、まだ二社目のゲーム会社に在籍しており、管理職をしている。 管理職はマネージャー、現場仕事を実際にすることは少ない。 その下で働く人はプレイヤー、現場をグイグイ動かす。 マネージャーの上には更にマネージャー陣を束ねるマネージ…

Lay offの現場

Lay offはいつも突然にやってくる。 朝来たら社内ネットワークがつながらない。 ちょっとしたら人事の部屋に呼ばれる。 そしてLay offが告げられる。 その後の手続を説明され、ひどいときはそのまま机に戻ることも許されず、私物は後で自宅に送ってもらう。 …

Lay offとFireの違い

日本のゲーム会社のアメリカ支社で17年以上働いた。 日本が本体とは言え、支社の仕組みはほぼアメリカの会社だ。 アメリカの会社で働いたこととか、 ゲームというふわふわした商材を取り扱っている(という意識)とか、 そういういろんな要素が影響して、…

退職の意志通知 その後2

日本の人事に相談したという上司からチャットが飛んできた。 やはり 「有給買い取りは無理だが、なんらか代替案があるかも」 らしい。 来週人事とまたミーティングするそうだ。 ということで、結論は来週に持ち越しだ。

退職の意志通知 その後

メールで通知をした次の日。 上司も多少慌てて、 「必ず今日中に電話面談しましょう。」 と言ってきた。 今立て込んでいるので、そのトップの僕がやめるのはちょっと困るのだろう。 あちらはあちらでいそがしいぽいが、無理やり時間を作ってきて面談した。 …