読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伝統の差別

自動車会社で働いている。

 

事業所は田舎だし車で通勤できる。

 

申請すれば駐車場を割り当てられる。

 

規定によれば屋内と屋外があり、ポジションが高い人ほど屋内を優先されるっぽい。

 

更にその後に他社製品に乗っている人はどんな高いポジションにもかかわらず屋外駐車場、みたいな記述があった。

 

なんか笑った。

 

でも、まあ創業90年の会社だし、そういう文化もあるんだろうなー。

 

社割りで自社製品は安く買えるとかも、会社は社員への福利厚生として提供しているが、忠誠心・愛社精神を育む効果があるのだろう。

 

とかいいつつも、今朝ミーティングした人は先月ライバル社から転職して来た人だったけどw

広告を非表示にする

挨拶なし

会社は巨大で社員は何万人もいる。

 

全員と知り合うなんて無理。

 

でも、だからといって朝のおはようとか、すれ違いのおつかれさまですとか言ってもいいんじゃないの?

 

前のIT系ゲーム会社よりも反応が薄い。

もう町の人とすれ違っているとかそういう感覚なのかなー。

 

決めた。負けずに一方的に言い続けるぞ。

広告を非表示にする

セキュリティ厳しすぎない

昨日は新しく買った Bluetoothキーボードを会社のパソコンに繋いでみた。

 

そのあとそれをiPhoneにつなぎ直したりした。

 

朝会社で

さあこの新しいキーボードでしごとするぞ!

と立ち上げたが、キーボードが動いてくれない。

 

検索してみると、このキーボードは接続先を一つしか覚えられないらしい。

 

iPhoneに繋いだので、キーボード内の設定が上書きされちゃったんだ。

 

しょうがないので、パソコン上でこのキーボードを削除して入れ直す作業をしなきゃいけない。

 

パソコンとiPhoneで共有できると思ったのにぁ〜

はじめて買ったからそんなこと知らなかったし、安物だからかなぁ〜

まあ、しょうがないな〜

 

とか思いながらパソコン上のキーボードを削除。

 

「管理者じゃないと削除できません」

 

な、なんだってー

 

会社のセキュリティ上、インストールはできてもアンインストールはできないらしい。

 

はい、つんだー

 

キーボード使えなくなっちゃった。

 

哀しい。

 

しょうがないので、ラップトップの既存キーボードをカスタマイズ&慣れるしかないな。。。

 

もう一つ買いたくないし。

 

ちくしょー。

Windowsつれえええ

家でも前の仕事場でもMacを使っていた。USキーボードの。

 

だが、転職先はWindowsの日本語キーボード(ラップトップ)が基本だった。

 

さらにMicrosoft Officeがすべての中心だ。

 

さらにさらに、勝手にソフトをインストールできないのでカスタマイズできない。

 

つ、辛い・・・

 

それでも、なんとか使いやすくしていかないと仕事のスピードが遅くなってしまう。

 

出来ることはこれぐらいだ。

 

1.設定のカスタマイズ

例えば日本語⇔英語入力切り替えが違うので、うざい。

これを見つけたところから出来る限り改善している。

 

2.慣れる&勉強する

Microsoft Officeで成立しているコミュニケーションに慣れるしかない。

3年以上触ってないし、その間にSkype入ったし、One Note入ったし、昔からのソフトもインターフェース変わったし、浦島太郎状態なので、慣れるよう努力したり、人に聞いたりして勉強している。

自分の好きなアプリが使えないのでは、あるものを最大限使えるようにすべきだし、結果としてはそれが最も効率がよいだろう。

また、日本語を入力するときは日本語のキーボード配置に慣れるしかないようだ。

ブラウザやアプリ切り替えのショートカットなども慣れるしかない。

 

3.周辺機器を導入

ラップトップのキーボードをUSキーボードとして使う設定はできたが、そもそもWindowsの日本語キーボードと、MacのUSキーボードではだいぶ違うので感覚がだいぶ違うし、狭くて打ちにくいので、最も薄くて軽いBluetoothのキーボードを買ってみた。

副次効果として、iPhoneでもキーボード使えるので、電車の中でこのブログ書いたり、本を呼んでメモしたり出来る。

 

あと、画面小さいのでモニター欲しい。

 

少しずつ整えていくしかないなー。

広告を非表示にする

バイクは諦めた

通勤で 電車→バス と乗り継ぐのでバス区間をバイク通勤できないかと目論んでいた。

 

バス代が浮くし、災害や積雪で電車が止まった場合でも家まで帰れるという、年に一度あるかないかのリスクに備えるために。

もう一つは少し離れた事業所に行くときもバスに頼らずにバイクでひとっ走りできるんじゃないかとも思ったし。

 

だが、長年勤めていた社員の方に訊いたら、

  • 駐車場問題:会社の駐車場を使うには登録がいる。
  • 通勤許可問題:電車+バイクの通勤は承認されにくいだろう(バイクのみの通勤ならOKかも)
  • 安全問題(労災だなんだとそういう問題があるっぽい?)

と、幾つかのハードルがありそうで、このガチガチの古い体質の会社でこれらを突破するのは難しそうだと思い、断念した。

 

しかも、バスとバイクの場合の所要時間もせいぜい5〜10分の差だし。

 

バイクを購入するチャンスに胸踊らせていたが、諦めよう。

広告を非表示にする

転職はまだ道半ば

先日転職に成功した。

 

大きな会社であるし、まだいろいろ足並みが揃ってないからかもだが、めぼしい進捗もない。

 

転職に成功した、と書いたが実際は転職先で成果をあげてこそ成功と呼べると思う。

 

自動車業界の複雑さや巨大さに圧倒されると同時に、

  • スピード感の違い(ゲームやITより圧倒的にスピードが遅い)
  • 自分の存在の小ささ

などが目につく。

 

そりゃあ命を預かる自動車を世界各地で販売しているわけだからそうなるよ、と納得。

 

それが莫大な収益を生み出している。

それはすごい。本当にすごい。

 

だが、上に載せるソフトウェアが今後一層大事になってくることへの理解(危機感といってもよい)は、社内各所でも温度差があるようだ。

 

今日も幹部の多くをフランス人が占めているうちの部と、日本側の開発部で会議をしたがなかなか論点が噛み合わない。

 

正確に言えば、日本側も理解はしていると思うのだが、その先の他部署や幹部への説得材料に懸念があるようだ。

 

まず、会議のゴールがきっちり決まっていないので議論が拡散したりもしていた。

お陰で2時間の会議の成果がぼやっとしたもので終わった。

加えて、みんなが不得意な英語で話すので聞くだけで非常に疲れる。

 

今日はこれをみて

 

やべえ、先が超なげえ〜〜〜〜!

 

と思った。

 

こんな感じで成果をあげられるのだろうか?

 

そしてここで働いてて人材価値はあがるのだろうか?

転職でステップアップでも、社内昇進でも。

 

今のところはまったくイメージがわかないが、このコミュニケーションのまずさを解消しないと前に進めない。

 

これを自分がなんとかするのはどうか?

 

どうやって?

 

とりあえず、こういった立場の違いや温度差のある人達の間で同意をえるサポートをするファシリテーターとして貢献できないか?

幸い英語もできるし。

 

これって実は結構重要な仕事じゃないの?

大企業においては、こういう職業の人が必要とされているのかも。

 

ちょっと与えられた役割ではないけど、ここらへん、意識して行動してみよう。

そしたら成果出せるかも。

 

プレゼン能力、交渉能力など伸びるし、それを武器にできるかも。

そしたら人材価値あがるな。

広告を非表示にする

新しい上司はフランス人

かつて 明日があるさ という歌が流行ってこういうフレーズがあった

 

 あたらしい上司はフランス人 ボディランゲージも通用しない♪

 

当時は僕はアメリカにいて、

 

 アメリカ人+英語はわかるけど、確かにフランス人は未経験やなぁ〜

 

と思ったものだ。

 

月日が流れて、まさかの成り行きで上司がフランス人になった。

今日はじめて話してみたが、共通語は英語なので、問題はなかったw

 

で、はじめて口頭での説明を受けた。

 

正直話を聞くまでドキュメントを読む限り、なんだかイマイチ馴染みもないし、興味も持ちにくい分野の担当になった気がしていたが、話を聴いて180°考えが変わった。

 

これはやりがいがある!

ゲームほど遊びはないが、以下のような点が僕のやる気に火をつけた。

  • 最も収益が出そうな分野である
  • 車にまつわるビジネスとして新しい
  • はじめは企業が顧客だが最終的には個人レベルにまで浸透する可能性がある
  • ゲーミフィケーションの要素を差し込む余地がありそう。

収益が出るということは金額や顧客数などがわかりやすい数字で貢献度がわかる。

ビジネスとして新しいので、開拓者になれるし、夢がある。

ゲーミフィケーションで他と差別化・競争力増加が狙える。

いつか自分も自分が関わったビジネスエコシステムで副業できたらいいなーなんて妄想が広がる。

 

上司が言うにはできるだけ早くフランスへの出張して現地スタッフと会わせたいとのこと。

 

フランスかー。まさか僕があっちに縁ができるとはな~。

 

変化って楽しいなー。