読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

柔軟性を増す

そもそも何を持って柔軟性を増すと言うべきかという問題はあるが、一般的に年をとるごとに柔軟性は失われていくと言われている。

 

なぜだろうか、柔軟性を失うということに恐れがある。

 

実際に柔軟性があればもっとうまくやれたのに、と後悔したこともある。

 

あまり過去をくよくよ思い返さないという性格上、具体的な内容はもはやほとんど思い出せないけども、そういう経験をしたという記憶だけがある。

 

そういう漠然とした恐れもあるし、

単純になんでも新しいことに出会ったほうが人生楽しいよねという思いもあって

出来る限り偏見なく物事を見つめようとか、ちょっとしたことなら経験してみようとかそういう考えがある。

 

偏見というか、レッテル貼りも物事を素早く判断するために必要なものだと思う。

生まれたての赤ちゃん見たくなんでもかんでも引っかかていては前に進めないし。

 

で、実際に僕が挑戦していることは非常にちいさいのではあるが、

 

たとえば

・会社の名刺じゃなくて人間名刺っていいなーと思ったから作ってみたり

・今まで興味がなかったアニメや日本のドラマなどをHuluでみるようになったり

・ゲーム業界人の飲み会を主催してみたり

 

未遂とか、ちょっと手を付けただけとか、事前準備しただけとかもいれたら

・ナイフ研ぎの道具を揃えてみたり

・バランススクーターで通勤できないか自転車で会社まで行ってみたり

・一眼レフ学ぶために動画購入したり

・フランス語勉強するためにアプリダウンロードしてみたり

 

まあ、どれもこれも大したスケールのものではないけど、書き出すと結構あるな。

もっとしっかり考えればもう少しあるかもしれない。

 

ああ、あった。

でかいの。

 

転職w

 

今後も好き勝手に興味の向くことに手を出していきたい。

広告を非表示にする

早速フランス出張入りそう

今日はフランスに居る上司と電話会議。

 

4月後半の2週間、フランスに行くことになりそう。

 

出張めんどくせーなー

 

いつも出張行く前はすげーーめんどくさいけど、いったらそれなりに楽しんでるし。

 

はじめてのフランスかぁー

 

ぼんじゅーる

フランス人の英語難しい

僕が長年住んだアメリカ西海岸とハワイの英語は癖が少なく聞き取りやすいと僕は感じているのだが、他の地域の英語はなかなか聞き取れない。

 

フランス人の英語は本当にわかりにくい。

 

なんでだろう。発音も少し違う。

 

THIの音をCIという感じに発音したり、

Rの発音がうがいで喉を鳴らすような発音だったり、

今日はFocus、フォーカスを、フォーキュスと行っているのも聴いた。

 

また、おそらく文の構成も少し癖があるように思う。

これははっきりとは分からないが、時々違和感を感じる。

言い回しとかかもしれない。アメリカ人見たくはっきりとは言わないとか、そういうのかもしれない。

 

また、得意じゃない人は単語の間にアーとかウーとかもいれてとぎれとぎれに話すので、頭にまとまりとして入ってこない。

逆に日本人が同じように拙い英語を話すときはなんとなくわかるのは、僕が日本人だからだろう。

 

さらにオンラインでの電話会議で音声の質も悪く、情報伝達精度が相当低いのではないかと思う。

 

ただ、自分に重要な部分は何度でもわかるまで聞き直さないとダメだ。

相手も英語はネイティブじゃないので、そこは多少自覚はあるみたいだし、しつこく聴いても大丈夫そうだ。

ただ、会議をあまりに長引かせるのも迷惑なので、何でもかんでも、というわけには行かないのはちょっとつらい。

 

それでも他の日本人よりは言語面ではアドバンテージが有るはずなので、がんばろう。

逆に業界知識は不利なので、本当はそっちが理解促進のために重要なのだけど。

レンタルサイクル港区

DOCOMOが港区やってるレンタサイクル、シェアサイクルというのか、無人で自転車を借りて返すサービスがある。

 

六本木あたりにはあったのだが、うちの近くにはステーションがないなー、なんて思ってたらいつの間にかできてた。

 

始めの30分は150円、以降30分延長ごとに100円。

 

ちょっとしたときにすごく便利。

タクシーを使うほどお大臣でないし。

 

うちは自転車さえも所有していないので、自転車に乗る楽しさもある。

 

昨日は和菓子屋、今日は電気屋まで行くのに使った。

 

もうよほどお金持ちでなければ、時々しか使わず、しかも借りれるものはなんでもレンタルとか外部サービスを使っている。

 

  • カーシェア・レンタカー
  • レンタサイクル
  • プリンター

 

毎回ちょっとお金を出さなきゃいけないので心理的には抵抗がないわけではないが、実際は所有するよりも経済的だし、フットワークも軽くなる。

 

来週末あたり一度レンタサイクルで中目黒オフィスに行ってみようかと思っている。

4kmなので、往復してどういう道かを実際に走ってみたい。

 

基本は100分かけて本厚木に出勤するのだが、ちょくちょく中目黒オフィスに出社することもあるので、そちらには電車ではなく、自転車のようなものでいきたいと思っている。

 

折りたたみ自転車か、バランススクーターか。

ミニセグウェイとも言われているバランススクーター、あこがれるぅ〜。

 

早く初のお給料日にならないかなー。

 

バイクはだめだったがこっちは期待している。

まあ実際通勤で使えなくても遊びでも使えるし、レンタルサイクルの代わりになるかもだし。

まずはフラ語

僕の上司はフランス人でフランスにいる。

 

僕は英語は割りと話せるが、フランス語はからきしだ。

 

英語も使えるしもともと言語を学ぶのが好きではないので、今後フランス語を極めていこうとは思わないが、基礎ぐらいは勉強して話せるようになろう。

 

相手の国の言語を勉強するのはとても意味がある。

 

下心なしに言えばリスペクトである。

 

下心としては

積極的な姿勢を感じてもらうことができたり、仲良くなれたりで、

結果仕事がしやすくなったり評価にいい影響があるはず。

 

また、こんな効果も期待できる。

「あ、こいつはフランス語少しわかってるな?」

と思わせればフランス人同士のフランス語の会話なども内容が筒抜けになるように感じて、内緒話がしにくいというプレッシャーも与えられる。

まあ実際はわかってないんだけどw

 

準備でき次第フランスに出張においでと言われているので、それまでに達成しよう。

 

目標はこの2つ

1.アルファベットや文の基礎構造を学ぶ

アルファベットの基本からわかってないのでまずはそこからだ。

また、文の基礎構造を学ぶと短文の推測制度を上げるために役立つ。

主語がなにか

否定かどうか

前置詞・冠詞

が分かればこの文がどういう雰囲気のメッセージなのかわかるはずだ。

 

2.パターン文を覚える

日常の挨拶ができる

店などで簡単な話ができる

これもすこしずつ増えていくのだろう。

 

勉強と言っても、もうここまでで良しとする。

 

少し気が重いが、わかってくると楽しいかもしれないと期待して、長い通勤時間の過ごし方のうち、フランス語の勉強の優先をあげよう。

 

いったん無料アプリとウェブでなんとかしてみよう。

今日からこれやっていく。

 

広告を非表示にする

左の上奥歯

もう日本に帰ってきて3年弱、ずっとなんだかんだ歯の治療をしている。

 

歯医者さんに搾取されているのではなく、実際になんだかんだあるのだ。

 

いつの頃からか左の上奥歯にすぐ食べ物が挟まるようになった。

 

食事をした時は毎回必ず。

 

ベロでなんとかしようと、ペロペロペロペロペロペロペロペロしてもなんとかなるはずもなく。

 

指でもだめ。

本当に爪楊枝的なツールを使わないと。

 

そして、その挟まった食べ物が、気がついたら地獄のような匂いになっている。

くっさ。

何かしらのバイキンが悪さをしている。

 

ものすご嫌ー

 

歯医者に行って隙間を解消してもらわないと。

 

あとは、L8020入りのヨーグルトも取り寄せないと。

80歳になっても20本の歯が残っているように、という願いが込められた、虫歯菌を撲滅(抑制?)する乳酸菌のヨーグルト。

 

これは家族みんなで食べないと、と思っているけどまだ始めてない。

やらなきゃ。

広告を非表示にする

羊はうまい

今日は初めてに仕事の飲み会。

 

今までと違い自腹だった。うちの会社はそこら辺は経費として落ちないのかな?

 

でも、それにしても、今日の羊はうますぎやろ。

永遠に食べ続けられるやつや。

 

この美味しさを家族と分かち合いたいのだけどわかってくれるのは次女だけ。

他はくさいくさい言いよる。

いつもは美味しいものを発見したら家族に紹介して気持ちいいみたいな流れだが羊だけは家族の理解を得られない。

 

こんなに美味しいのに。

今まで家族は僕が美味しいと思ったものはちゃんと受け止めてくれたのに羊は受け止めてくれない。

 

この不満、やはりこれはエゴなのだろうか。

きっとエゴなんだろう。

 

でも絶対連れて行きたいほどうまい。

 

https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13004620/ 

広告を非表示にする