読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子供が塾を辞める

小学6年生の長女が受験したいというので、塾に活かせるようになって数ヶ月。

詰め込み教育でストレスが溜まってどうにもこのまま受験まで頑張りきれる感じがしない。

そんなわけで色々考え、有識者の意見を聞いたりして、いったん塾を離れることにした。

塾の先生は(実績に貢献しそうな)優秀な生徒だったので、とてもびっくりして必死の引き止めがあったが、考えた末での結論なのでもはや意見を変えるべくもない。

 

子供の受験について考える。

 

まず、子供に受験したいという意思があるとかないとかの話。

早熟な子は高校・大学も自らの強い意志で選ぶことは出来るかもしれないが、結構な割合で、「なんとなく」とかそういうレベルのふわっとした強さの動機しかないんじゃないかと思う。

現に僕がそうだった。

受験も就職も大した情報も持たずに雰囲気で決めてきた。

 

だから、子供の動機を当てにしてはいけないと思う。

踏ん張りが聞かない子供に

「その学校に行きたい、受験したいって行ったのは自分自身でしょう!?」

と言うのは酷だ。

だってそこまで強く思ってないんだもん。

情報もないし(集める気もあんまりないし)、9割以上妄想や雰囲気、ノリで「行きたいなー」って思ってるだけだし。

 

それに子供の時間の感じ方は大人と違うので、数年先どころか数カ月先のことさえ当事者意識を持ちにくい。

そんな未来のことに目の前の快楽を放棄できない。

 

じゃあ、好きにさせていいかというとそうもいかない。

放っておいても勉強する子供は激レアキャラだし、とはいえやはり勉強の経験を積んだほうが生きる力が大きくなるのはたしかなので、どうしても少々の強制力を持って勉強させないといけない。その塩梅が難しい。

 

塾は、行かなきゃいけない、宿題出る、という強制力を持った仕組み・ルーチン、それとノウハウをお金で買っていた。

 

塾をやめるということはその努力の仕組・ルーチン、及びノウハウを放棄することになり、今後はその分は家庭内でなんとかカバーしない限り同レベルは保てない。

 

非常に舵取りが難しいが数ヶ月は頑張ってみて、うまく行かなかったら塾に戻す。

 

そういうことにした。

 

広告を非表示にする

フランスは遠くにありて思うもの

2週間のフランス出張から帰ってきて、時差ボケもようやく治ってきた。

 

パリに行ってみてわかったこと。

パリ症候群、わかるわー

普通に汚い街だw

NYとかLAとかSFとかとそれほど変わらないんじゃないかって思うけど、たしかに日本のメディアのパリの持ち上げはすごいから、イメージと現実の差にびっくりするのはあるかもしれない。

世界の何処かに夢みたいな街があると思い描いていたら、実際はくすんだ汚い街だった、この世に夢みたいな街は存在しなかった、みたいな喪失感なのかな?

 

あと、ご飯はまあ食べれるけど、ハイカロリーなんで太るな。

 

今の会社で出向で行けたら行く?なんて考えていたけど、微妙だなw

でも、海外生活は人生のスパイスだし結果箔がつくから、行けるよう画策してみるかなー。

期間限定ならまったく問題ないな。

月曜日からフランス出張

今日は土曜日。

 

入社一ヶ月半でようやくフランス出張にいくことになった。

期間は二週間。

 

上司もチームメンバーも全員フランスにいるからなー。

 

けっこうギリギリだったので、日本→パリへはドイツミュンヘン経由だったり、ホテルも第一候補は空きがなかったりと、若干惜しい感じはあるが、十分だ。

 

それに幸運なことにビジネスクラスで行けるらしい。

おー。

ついにここまで来たかw

 

ビジネスクラスの取扱は会社によって違うと思うが、うちはハードルが低くできている。ラッキー。

 

12時間のフライトも我慢できる。

 

フランス語もよくわからんし、地理的な感じもわからんし、久々にまたアドベンチャーだ。

途中で1日イギリスに日帰り列車で出張するし。

家族と離れるのは寂しいけど、出張自体は楽しみだなー。

 

行ってみて気に入ったらパリへ出向を目論むつもり。

アメリカの次はフランスかー。

実現したら僕の人生、また楽しくなるなー。

フランス

僕の上司も、チームも全員フランスにいるフランス人。

 

フランス人の英語、まじむつかしい。

でも少しずつ慣れてきた。

 

入社して1ヶ月半後に出張に行くことになった。

2週間。

不安と期待でいっぱいだ。

でも今の世の中、ネットが繋がっていれば何も怖くない。

 

週末もあるので、週末は何をするか考えないと。

僕はあまり美術とか歴史に興味がないので、そういう観光はそれほどやる気が出ない。

食べ物とか、大衆文化とかのほうがまだ興味ある。

 

あと、NHKの「旅するフランス語」見始めた。

 

Je voudrais un cafe sil vous plait.

エスプレッソください。

 

今後は頻繁に行くこともありそうなので、今回は様子見だ。

まずはUberをちゃんと使えるようにして機動力をあげないと。

広告を非表示にする

バランススクーターも来た

ついにぃぃぃぃぃ

 

やってきた。

バランススクーター。

 

僕はバランス系は苦手なのだが、これは比較的簡単に乗りこなせるようになった。

苦手分野を克服できたみたいで超うれしい。

 

家の3mx2mぐらいのスペースと廊下を行き来しながら大騒ぎ。

ほぼ毎日やっている。

 

早く屋外デビューしたい。

 

本当は公道は走れないのだけど、これで会社まで行くつもり。

すいーーーーっと。

 

警察があんまりいないところはある程度把握済み。

 

は~楽しみだ。

 

Bluetoothイヤフォン:無駄遣いではなかった

前職で同僚がいつも首からぶら下げてるやつ。

 

便利そうだなーと思っていたが、僕はあまり仕事中に音楽を聞かないし、通勤は徒歩で音楽をじっくり聞く気になれなかったので結局買わなかったが、転職して電車通勤になって音楽を聞きたくなり、また仕事もなぜか音楽を聞きながらでできる気がして着ていたのもあって、買った。

 

4000円弱のやつ。

 

電車の中で線の取り回しがうざったくなくなったので結構気に入っている。

 

ただ、今日ペアリングが外れたのか、携帯本体から音を出してしまった。

 

電車内で一回。

洋楽を聴いていた。

止めるのに若干戸惑ってしばらく流れた。

 

会社で一回。

癒やしの音(自然音など)を聴いていた。

この時はイヤフォンを装着していたもののイヤフォンの電源を切っていて、音がイヤフォンから出てると思っていたが実際は携帯本体から出てた。

 

自分の問題だが、今後このようなミスは起こらなくなることを期待する。

 

僕がイヤフォンで音を聞くのは4種類。

 

  1. 動画。YouTubeとか、Huluとか。
  2. 癒やしの音。雨の音とか波の音とか。
  3. 音楽。インターネットラジオ
  4. ポッドキャスト

あー、もう一つはフランス語のアプリもあった。でもやっぱりモチベーションが上がらないので手付かずだ。

 

Hulu以外は無料だ。世の中便利だなーと思うと同時に、こだわらなければ結構オーディオは無料で出来ること多いなーと思う。

そりゃー、食うのにも困るよ。音楽制作者は。それともお金を稼ぐ方法が変わっただけで、入ってくる額はそれほどかわってないのかな・・・。

いずれにせよ、消費者にとっては贅沢な時代だ。

 

また急に最近音楽づいて生活が変わった気がして良い。

やっぱり音楽っていいなー。

 

音楽は気分を左右する。

イヤフォンで音楽や環境音を聞いていると、世界の色が変わって感じる。

 

そう考えるとこのイヤフォンはいい買い物だったと断言できる。

 

よかった。無駄遣いじゃなくて。

情報は価値がある

情報は今や本当に価値がある。

 

知ってると知らないでは大違いなことはよくある。

たとえば株のインサイダー取引

バック・トゥ・ザ・フューチャーでも未来のスポーツの結果を前もって知ることで大儲けした下りがある。

 

企業の内部情報リークが重罪なのもわかる。

 

ただ、情報はアクションとセットになって初めて本当の価値が出る。

 

実行能力が高くても情報がなければ正しく動けないし

情報を得ても実行能力がなければ実現できないし。

 

今うちの関連部署は、情報、実行力の両方で不足していると思う。

 

実行力はやることに対して人的リソースが足りない感触がある。

ただ、精査はしていないので現時点では楽観的だ。

精査していないというより、情報の精度が悪いので正確な見積もりができないのだ。

 

一方情報に関しては、情報共有に問題がある。

まず、全体の統制を取るのに必要な

  • 方針を示すプレゼン資料
  • 状況を把握するための資料

の共有の仕方に大きな問題がある。

少人数のグループであれば問題ないが、今の規模以上ですべてメールでの連絡&ファイル添付など、時代遅れも甚だしい。

 

メールは掘り出し作業やローカルへのコピー作業が大変だし、

気軽にバージョン更新できないし、

各ローカルに同じコピーができてムダな上にバージョンズレができてしまうし、

ローカルでオリジナルな改造を施されたりするともはや誰の何を信じていいのかすらわからない。

 

やはりファイルの共有は、しっかりした共有設定とバージョンコントロールができるクラウドが一番だ。

また、スケジュールやチケットなどのためのウェブサービスもある。

 

情報を伝達するコミュニケーションの方法にも問題がある。

今はメールとSkypeの組み合わせがスタンダードになっているが、超絶クソだ。

メールなんて撤廃する勢いで極力使わないようにしてすべて強力なチャットに移行すべきだ。

ChatworkとSlackを使ったことがあるが、やっぱりSlack最高。

メリットを挙げればきりがないが、うちのようにインターナショナルなプロジェクトこそ、コミュニケーションの仕組み上の問題を改善すべきだ。

 

最近偉い人に向かって会うたびにITツールの活用による情報共有の改善を訴えているので、きっといい方向に向かうだろう。

 

転職して久々にMicrosoft Officeの世界に戻ったが、なんかやっぱ洗練されてないね。

 

昔から自動車やってるうちがこれまでのしがらみから脱却できず(Microsoft Office感)、サラッと現代の需要に合うように一からテスラを作ったテスラ(G Suite=Google Drive)の関係もこれと似ている感じがする。

 

今あるものにアレンジを施したり発展させるより、あえていったんすべてを忘れて一からやったほうが世間の需要に合致させやすいというのはあると思う。

 

話がそれた。

広告を非表示にする