chiwahi’s projects

リーマンが前に進むブログ

ポジティブシンキング

病気のお母さん 

何処かで聞いた話。うろ覚えだが文脈はこんな感じ。

 

ある人が、見知らぬ子供に病気のお母さんがいるから訴えられ施しをしたが、実はそれは嘘で詐欺であった。

 

それを知ったその人はこう思ったという

「じゃあ、病気のお母さんは嘘なんだね。いないんだね。よかった。」

 

これ、どこまでお人好しなんだ、という意味で引き合いに出されるが、最近は歳を取ってきたせいかこのひとの気持ちに近づいていってる気がする。

 

若干角度は違う気もするが、僕の考えはこうだ。

 

これ、この人に施しを与える力がなかったらできないことだ。

自分も困窮していたらそんな親切をすることさえできない。

 

ああ、自分は恵まれていてよかった。

電車やバスで席を譲る

今日は遠い事業所に電車で行く日だった。

優先席に座っていたので当然といえば当然だが、年配の方が乗ってきたので席を譲った。

その方は感謝して座り、降りるときも再度お礼を言ってくれた。

僕は笑顔で「いいえ〜」

そりゃー足はちょっとは辛いけど席を譲ったほうが人生彩りが出るよね。

 

その時思った。

いずれ僕も足腰弱いじじいになる。

今度は親切をされる側になる。

ということは、この親切をするチャンスがなくなるということだ。

 

ああ、まだ若くてよかった。

親切する側でよかった。

感謝される側でよかった。 

失敗について

これはまだ僕も全てにおいてそう思えるまでの境地には達していないのだが、

 

成功するまでやれば失敗という定義はない。

 

失敗は成功へための試行の選択肢を一つ潰しただけで前に進んでいる。

 

と言った考え方がある。

でも、最近は少しずつそう思えるようになってきた。

ポジティブシンキング

真の重大なネガティブ要素に目をつぶり、僅かなポジティブ要素で自分を無理やり納得させるのは無理があるきがするが、世の中結構考え方一つで見え方が大きく変わる気がする。

これを全方位脊髄反射レベルでできるようになりたい。

がんばれカタルーニャ

401kのバイオテクノロジー銘柄FBTAX、ここからしばらく下げると見て先週売却したので、今週からは世界は混乱し、株価が下がらなければならない。

 

米国の経済が堅調にも関わらず下げると予測した原因の一つがスペインカタルーニャ問題。

 

この混乱がどれぐらい続くのかを自分なりに推測するため少しだけ調べてみた。

動画で勉強

基本「90秒でわかる「カタルーニャ独立問題」

http://www.news24.jp/articles/2017/10/03/10374135.html

理由「“稼ぎ頭”カタルーニャ 独立求める理由は」

http://www.news24.jp/articles/2017/10/07/10374523.html

わかったこ

基本情報

経済悪化で独立の機運が上昇

  • 2009リーマンショック以降失業率も上がった。
  • 国に多くの税金を収めているにも関わらず地元の公共サービスが乏しいと不満が爆発
  • 独立運動に繋がった
  • 住民投票の9割が独立に賛成
  • 70万人規模のデモ

中央政府の対応

  • 住民投票を全く認めず
  • 警察を派遣するなど強行姿勢
  • 聞く耳をもっていない
  • 自治権停止をちらつかせ圧力をかけている

3行でいうなら・・・

  1. カタルーニャ州ポルトガルを凌ぐレベルで経済規模も税収もでかい
  2. 税収貢献の割に公共サービス等報われないとして不服、もともと高度な自治権を有していることもあり独立機運高まる
  3. 州政府も中央政府もどっちも引かず、一触即発

最新情報

で、僕の予想は

根本的な問題の解決(もしくは説明)は必須だが、もはや上げた拳はそれだけでは収まらない。

すでに衝突が起き始めているので、どう転んでもしこりは残る。

揉めている間は欧州の経済の安定はリスクにさらされる→欧州株価不安定→米国影響大いに受ける→バイオ下げる→よっしゃ

作戦

  • 独立はもうない、という雰囲気になったらバイオを買い戻す(しこりは残るが経済は安定)。
  • 独立のリスクがあるうちは買わない。ただし長引きすぎると経済界が無視しだす(織り込んでくる)ので買うタイミングを見極める。
  • 独立してしまったらその時情報収集して判断。

褒める技術:2章 1〜4

ありきたりな感想かもだが、いい本だと思う。

一度ざっと読んだが、理解を深めるために、自分的なポイントを図解にしていこう。

1.本当に褒める

自分の勝手な思い込みで

「いいじゃん」

と褒めるだけでは相手に響かず、意味がない。

相手に響く褒め言葉はなにか、それを探し出して投げかけることが重要。

相手によって違う。

まずは家族で実践だ。

いつも褒めてはいるが、思いついたことを伝えているだけなのでしっかり考えて褒めよう。

各メンバー「これ系の言葉が響く」みたいなこともあるはず。

f:id:chiwahi:20171020212850p:plain

2.スーパーアクノレッジメント、任せる

  • 部下の成長に役立つことを任せる。
  • 自分が責任を取れることを任せる。
  • 任せたら口出しせず、自身で考えて行動させる。裁量を与える。

任せるのがうまい上司は常に部下に何を任せられるかを探している。

f:id:chiwahi:20171020215104p:plain

3.相手の影響力を言葉にして伝える

相手の行動に対し「よくできたね」という相手を褒めるより

相手によって自分が受けた影響を伝える方が効果的。

「〜してくれて嬉しかった」とか。

f:id:chiwahi:20171020220823p:plain

4.相手の存在価値を高める紹介

 これ、非常に大事。自分の部下を、自分の子供を紹介する時、

持ち上げるのではなく(持ち上げすぎNG)

謙遜するのでもなく(他人を謙遜するなんて論外)

「自分が」どういう(よい)影響を受けたのかを交える。

紹介される側に「こんな風に思われていたんだ」と 伝える事ができる絶好の機会。

これはもう絶対パターンとして叩き込むべき。

いわば3と同じだが、伝える相手が第三者であるという点で非常に効果がある。

(当事者間だけでなくそれを超えて)他人にいうほど影響を受けているのだと感じる。

f:id:chiwahi:20171020223202p:plain

今週のお題「私の癒やし」

今週のお題「私の癒やし」

リラックスすること?うーん。そうでもない。

一般に癒やしと言えば

 静かに心身ともにリラックスすること

というイメージかな。

 

確かにそれもある。

でも、毎日ストレスフルな生活をしていて、癒やしを求めて短期間リゾートを体験してものんびりしている最中に、

「このあとまたストレスにまみれるのかー」

と考えると心配、不安が脳の何処かにこびりついて100%は癒やされない気がする。

 

なぜなら

 未来に良くないものが待っているということを知っている

から。

 

あと、ストレスの種類を違うもので癒やすのって難しい。

ストレスは体の疲れもあるしきっと脳の中で近いところにあるから効果は確実にあるんだけど、根本的解決にはなってないことも多い気がする。

人間関係のストレスは人間関係を改善しないといつまで経ってもストレスフル。

このタイプの癒やしはいわば現実逃避だ。

生活に満足してて不安もないが、心身疲れたし、自分へのご褒美で・・・というのなら気兼ねせずに癒やされるのかな。

僕にとっての癒やし

僕にとっては達成感こそが癒やし。

達成感はいい。

  • 何かを頑張った
  • 誰かに優しくできた
  • 何かを会得した
  • 何かを改善した
  • 自分のことがわかった

こういう達成。

なんでもいい。小さなことでもいい。

この出来事によってきっと自分の未来は良くなるという希望を感じるし、自己肯定感に浸れる。

 

未来がよくなる希望につながる。

 

未来への心配や不安も緩和される。だって自分前に進んでるんだもん。いいようになるよきっと。

癒やされるぅ〜。

その方法

このブログの始めの記事でも書いたけど、僕は達成感を得るには、何かを「生産すること」も一つの手段かと思う。

生産することって自分が何か価値を生み出していると錯覚させてくれる。

もう一歩進めると「手を動かすこと」かもしれない。

 

あるいは「挑戦すること」もいい。

結果を待つ間のワクワクは癒やしだし、結果が良ければまた達成感を得られる。

結果が悪くても「また挑戦できるチャンスができた」ぐらいに思えばいい。

常に挑戦していたら落ち込む暇はないし。

初めての発明チャレンジ #010 返事が来た!〜TOTO〜

またでかい封筒が来た

夕方に訪問者。

「書留でーす」

書留・・・?

そんなのうちにめったにこないけど・・・あっTOTO

すぐにわかった。

LIXILのときと同じ大きな封筒だ。

封筒の中身

お断りの紙

クリアファイルに入った僕の資料

f:id:chiwahi:20171019234406p:plain

ちぇっ

お断りの文章も一応読んで見る。

ときには参考になるかもしれないからね。

でも、今回も普通のお祈りメールだった。

まあ、こういう行動を起こした自分を褒めてあげたい。

次は

より小さな会社だが、残り2社の候補に送ってみよう。

何事も経験だ。

資料の印刷が高いので、LIXILTOTOのを使いまわそう。

ホッチキスのところに若干折り目が入っているが、どうせあちらも読んだ瞬間に折り目がつくのだし、いいか。

週末にもパッケージを用意して、平日に奥さんに投函してもらおう。

 

まあ実はアイディア第二弾も動き出している。

断られることより、アイディアが尽きるほうが嫌だな。

ブログ記事に目次を入れる(はてなブログ)

目次、すてきやん

よく見るブログ記事には目次がある。

僕もやりたいです

あれ、どうやったらできるのかなー。

2秒でわかりました

f:id:chiwahi:20171019224358p:plain

追記

会社で使ってるConfluenceというクラウドサービスの目次マクロと同じだな。

これから先は目次を頭に入れよう。

会社では仕事だからきれいに書くが、ブログはどうしても書きなぐってしまう。

それでも目次を設けることで少しでも改善すると期待している。

Mensa #019 確率:40人のクラスで同じ誕生日の人がいる確率は90%近く?

今確率の本を読んでいる。

苦手、というわけでもないが、なんか自分なりにもう少し得意になっててもいいかな、頭の体操になるかな、と思って。

確率の問題を解くのはIQテストを解くことに似ている気がするのでMensaカテゴリにしています。

40人のクラスで同じ誕生日の人がいる確率は90%近く

今回はこれを計算で検証してみよう。

前提条件

  • 誕生日は主観的理由なく満遍なく分布しているとする。
  • うるう年は考えない。

まず、すべてのケース数は

365^40

すなわち365x365x365x....と40回かけたもの。

 

これも逆の発想で、全員誕生日が違う場合の数を求め、その確率を撮る。

 全員の誕生日が違うすべてのケースは

365x364x363x362x361x....x327x326

となる。

一人目は365種類、二人目は一人目の誕生日以外の選択肢なので364種類・・・

という感じ。

365x364x363x362x361x....x327x326

/

365x365x365x365x365x....x365x365

これをスプレッドシートで計算してみたら、このようになった。

f:id:chiwahi:20171019213200p:plain

全員が違う誕生日の確率はわずか10.88%

ということは誰かの誕生日がかぶる確率は89.21%(100%-10.88%)

「40人のクラスで同じ誕生日の人がいる確率は90%近く」

 は正しいということになる。

 

 

Mensa #018 確率:トランプ

今確率の本を読んでいる。

苦手、というわけでもないが、なんか自分なりにもう少し得意になっててもいいかな、頭の体操になるかな、と思って。

確率の問題を解くのはIQテストを解くことに似ている気がするのでMensaカテゴリにしています。

 

完全なデッキから5枚引いた時、スペードが含まれる確率

順列のケース数

52x51x50x49x48

求めるケース数

  • スペードが1枚
  • スペードが2枚
  • スペードが3枚
  • スペードが4枚
  • スペードが5枚

これらのケースを全部足せば確率は出る。

めっちゃ大変そうじゃん。

 

こういうときはスペードが含まれない確率(スペードが0枚)を計算して、1から引けばいい。

  • 1枚めがスペードじゃない確率=39/52
  • 2枚めがスペードじゃない確率=38/51
  • 3枚めがスペードじゃない確率=37/50
  • 4枚めがスペードじゃない確率=36/49
  • 5枚めがスペードじゃない確率=35/48

1 - (39x38x37x36x35)/(52x51x50x49x48) = 0.7784663866

約78%の確率でスペードは含まれる。

スペードが0枚の順列のケース数は39x38x37x36x35というのと同じこと。 

スペードが1枚含まれる確率

これは簡単だがこれらの場合はどうなるのだ?

  • スペードが1枚
  • スペードが2枚
  • スペードが3枚
  • スペードが4枚
  • スペードが5枚

スペードが1枚の場合を考えてみる。

スペードは13通り

スペード以外でできる4枚のケース数は39x38x37x36通り

しかし、単純に13 x 39x38x37x36 だけでは済まされない。

スペードをS、それ以外をOとした場合、同じカードの組み合わせでも

  • SOOOO
  • OSOOO
  • OOSOO
  • OOOSO
  • OOOOS

の並びの5ケースがある。

だから、

13 x 39x38x37x36 x 5 / (52x51x50x49x48) = 0.41 = 41%

スペードが2枚含まれる確率

これ、大変。

スペード2枚の順列は13x12通り

スペード以外でできる3枚の順列ケース数は39x38x37通り

順番ケースは

  • SSOOO
  • SOSOO
  • SOOSO
  • SOOOS
  • OSSOO
  • OSOSO
  • OSOOS
  • OOSSO
  • OOSOS
  • OOOSS 

10通り。

したがって

13x12x39x38x37x10 / 52x51x50x49x48 = 0.274 = 27.4%

スペードが3枚含まれる確率

2枚のケースと同じく、順番ケースは10通り。(SとOを入れ替えて考えれば同じこと)

スペードが4枚含まれる確率

1枚のケースと同じく、順番ケースは5通り。(SとOを入れ替えて考えれば同じこと)

 

検証のためにスプレッドシートで計算してみた。

f:id:chiwahi:20171019182008p:plain

ケース数の総和は合ってる。

確率を出してみると経験による体感と一致していたり、ずれていたり、面白い。

そのうちプログラミングで検証しよう。

トーストマスターズ #009 アイスブレーカー:原稿入れ替え

初回の練習動画を見た奥さんからこんなコメントをもらった。

  • あんなのは自己紹介じゃない。
  • どうでもいい、興味のないことをダラダラ話すおっさん。
  • 聞く気うせるわ。
  • いらないと思った部分があった。ほとんど全部。

若干僕も違和感を覚えていたし、本気で成長したいので素直にありがたく受け止める。

 

でも、これが正直な感想だと思う。

 

というわけで初めからやり直すことに。

今まで作ったものを全部壊す。

 

テーマはもう一つの候補に上がっていた

おっちょこちょい&強力なリカバリ

とする。

ブレスト

  • ハワイに住んでいた時、休暇で帰国前にパスポートがないことに気が付き・・・
  • ほぼ寝ないで根回し→解決
  • ハワイに住んでいた時、日本に出張。空港に奥さんのパスポートを持ってきてしまい・・・
  • 航空会社、奥さんと連携→解決
  • 出張の帰りはフライトに遅れてしまい・・・成田に行くつもりが大宮に
  • 公共交通機関の遅れ→と伝え、次の日の便に乗せてもらえた。2000円ほどの手数料のみ。
  • トラブルになってからの巻き返しが自分でもすごいと思う。
  • しかしそもそもそういう状況にならないように気をつければ済む話では?
  • その通り。最近は気をつけている。
  • 今年1月、前職でインド・プネーへの出張の帰りに乗り遅れたけどね
  • 間抜けだけど、驚異的なリカバリー力でバランスを保って生きています。

フローは作り直し。

スピーチ延期しておいてよかった。

f:id:chiwahi:20171019155303p:plain

アメリカの部族は州政府レベルの主権政府が認められている

先日売ったバイオが結構下げてる流れなんでホクホクしながら(また安くなったら買い戻すので)経済ニュースあさってたら、ものすごい面白い記事見つけた。

 

アラガンが3日続落 特許無効を回避するための奇策も裁判所は無効の判断=米国株個別 | 為替ニュース | Klug FX(クルークFX)

 

図解してみよう。

まだこなれてない感じもするが、こんな感じになった。

下地の知識がある人向けにはもっといろいろ端折ってもいいとは思うが、できるだけ文章に忠実にしてみた。

見返すとなんか笑ってしまうw

f:id:chiwahi:20171019014928p:plain

実際の記事はこちら↓

f:id:chiwahi:20171019011347p:plain

トーストマスターズ #008 アイスブレーカー:練習2回め on Youtube

昨日のぶっつけ本番のスピーチの動画。

いやーひどい。

 

いろいろあるが、

  • 余計な言葉をはさみすぎ。ごちゃごちゃ言い過ぎ。
  • 顔つきがだめ。ニヤついているように見える。

進行シートも机上のイメージで作ったものなので改良。

これがバージョン2。

f:id:chiwahi:20171018232108p:plain

次は時間を測りながらやってみよう。

 

気をつけることは

  • ハキハキと明るい笑顔で(かなり意識的に)
  • 余計な言葉を入れすぎず、素直にフローに従う
  • 時間を表示して意識しながらやる

結果

  • ハキハキと明るい笑顔で(かなり意識的に)→5%改善。全然だめ。
  • 余計な言葉を入れすぎず、素直にフローに従う→時間は短くなった。6分30秒。
  • 時間を表示して意識しながらやる→時間表示忘れたがまあよし。

全然だめなレベルに変わりはないが、一回目よりはいいのではないかと思う。

できれば毎日練習しよう。

フローも見直しだ。

youtu.be

 

図解思考 #007 :論理的思考を可視化する「ツリー型」:P104-105

ツリー構造

これも非常にわかりやすい。

わかりやすいが作るには熟慮と経験が必要だ。

見てわかるのと作れるのは大違い。

  • ロジックツリー
  • 階層ツリー
  • 分類ツリー

ロジックツリー

よく聞くけど実はあまりなじみがない。

左から右に動いていくと原因とか詳細に下りていき

さかのぼると、事象から結論に到達する

これ、仕事で活かそう。

↓は自分の今の方針について(サンプルは内容は適当だけど自力で作ったもの)

f:id:chiwahi:20171018225517p:plain

階層ツリー

これは組織図でよく見る。

↓はゲーム事業本部の一例

f:id:chiwahi:20171018230853p:plain

分類ツリー

動物とか昆虫の分類とかでみるし、ウェブサイトのページ分類に最適。

ちなみにウェブサイトの階層の深さは3つぐらいまでが理想的と言われている。

↓いつかやりたいと思っているアイスクリームワゴンのウェブサイトイメージw

f:id:chiwahi:20171018231720p:plain

図解思考 #006 :フレームワークの基本「6パターン」:P98-99

今日会社でパワポをいじっていたが、この図解思考が少しにじみ出てきているのを感じる。よい傾向だ。

1.ツリー型

要素をレベル別に分解し階層上に示す。

f:id:chiwahi:20171011234519p:plain

僕の経験からは組織図はトップダウンにかかれていることが多い。この本が絶対というわけではないが、パワポ横書きで且つ枝が多いときはこの左から右スタイルがいいように思う。

2.マトリックス

異なる2軸の組み合わせで示す。

マトリックスは結構好きでいつも使う。

f:id:chiwahi:20171016220252p:plain

3.フロー型

時間的な流れを示す。

f:id:chiwahi:20171016220630p:plain

4.サテライト型

相互依存関係を示す。

f:id:chiwahi:20171016220651p:plain

5.サイクル型

循環的な流れを示す。

f:id:chiwahi:20171016220718p:plain

6.グラフ型

数量の変化を示す。

f:id:chiwahi:20171016220230p:plain

Mensa #018 確率:クジ

今確率の本を読んでいる。

苦手、というわけでもないが、なんか自分なりにもう少し得意になっててもいいかな、頭の体操になるかな、と思って。

確率の問題を解くのはIQテストを解くことに似ている気がするのでMensaカテゴリにしています。

今日も確率が楽しい。

 

でもちょっと難しくなるとわからない時がある。

※頭の体操ってことでこれもMensaカテゴリーにしてます。

 

クジ袋を3つ用意する。

クジはA,B,C,D,E,Fの6種類で、Fはハズレ(他はアタリ)。

3つのクジ袋を引いてその組み合わせで点数が決まる。

ただし一つでもFが含まれていればそれはハズレで0点とする。

f:id:chiwahi:20171018205300p:plain

Fが含まれて0点になってしまう確率は?

全ケース数=6x6x6=216

ハズレケース数

FFFは1

XFF, FXF, FFX系は5x3=15

XYF, YFX, FXY系は5x5x3=75

合計91通り

よって確率は91/216

 

よりスマートな解法

しまった!こっちのがかっこいい!

ハズレを引かないケースの総数を出せば、3種類のケースを計算する必要ないわ。

ハズレがないケース

XYZのケースは、5x5x5=125

216-125 = 91なので、ハズレが含まれているのは91ケース

AAAなどぞろ目の確率(ハズレのFFFは除外)

5/216

XXYなど1ペアの確率(ハズレは含まない)

XXY, XYX, YXXの3通り

X-Yの組み合わせは5x4

よって5x4x3=60通り

60/216

XYZなど全部違う確率(ハズレは含まない)

まず今までのすべてのケースから

216-91-5-60=60ケースにならないとおかしい

純粋に求めてみると5x4x3=60で合ってる。

60/216

広告を非表示にする

トーストマスターズ #008 アイスブレーカー:初リハ on Youtube

仕事から帰宅したら、三脚来てた。

もうスピーチの練習をYoutubeにアップしないわけにはいかない。

もうやらない言い訳はできない。

誰が決めたわけではないけど、自分は裏切れない。

 

とりあえず、例のスピーチのカンペシートを印刷してクリアファイルに入れ、紹介するものを準備。

 

予備練習無しで録画開始。

 

開始2分ほどでコンテンツをすっ飛ばしたことに気づいた。

中断。(今考えればそれでも続行すればよかったけど。やりなおしたところでどうせひどいんだし。)

 

そして気を取り直して録画開始。

一応終わった。

所要時間はなんと10分超。

目標時間は4〜6分。お話にならない。

 

例会では制限時間が近づくとカードでお知らせしてくれるが、時計も見ないでのんびり話していたらこのざまだ。

 

とりあえず、Youtubeにアップする方法を調べてアップしてみた。

アプリでやったが、簡単だ。

 

ここは誰も見ていないひっそりブログ。

恥を忍んでここでさらす。

こんなにひどいんです。

でも、このひどい有様からいつかは素晴らしいスピーカーになることを誓う。

youtu.be

今日はつかれたのでスピーチの自己批評は明日。

 

発見したけど、Youtubeのいいところは、こんな携帯に保存しておく価値もないゴミ動画を律儀に保存してくれるところ。