脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

自家製ピザ

ホームベーカリー

うちは奥さんが頻繁にホームベーカリーで食パンを焼いてくれる。

変なのを食べるよりよほどいい。

実際にうちで焼いたパンは2〜3日でカビが生えたりするけど、買ってきた食パンは開封後も明らかにそれより長持ちする。

まあ、悪いものではないかもしれないが、何かしら本来配合する材料ではないものも含まれている気がする。

それはさておき

ホームベーカリーは生地を作ることもできる

ホームベーカリーは材料を入れておけば予定時間に食パンが焼きあがるのが基本機能だが、当然記事をコネコネするだけ、ということも可能だ。

アメリカンな嗜好が強いうちでは、よくそれでピザを作る。

一回でS~Mサイズが2枚分ぐらいの量の生地ができる。

バージョン3が生まれた

初期はそれを綿棒で薄く伸ばして焼いていた。8〜12mmぐらいのイメージ。

しかしそれだと生地の中の空気が抜けてしまい、焼き上がりがカチカチでイマイチ美味しくないピザになった。

最近はもっぱらバージョン2として、綿棒で押しつぶさずに手だけでふわふわ感を保ったまま広げて焼いていた。そうするとピザ生地はパンみたいになり、厚みのあるピザができる。僕はそれで十分美味しいと思っているが、子供は厚すぎると感じていたみたいだ。

今日、実験でバージョン3、また新たなやり方を試してみた。

綿棒で超薄く仕上げる。

バージョン1よりももっともっと。3〜4mmというイメージ。

これが、子供に好評!

確かに薄くて軽くて食べやすい。

今後はこのやり方で焼いていこう。

一回分の生地から4枚ほど焼けそうだ。

家でピザを焼くのはここ2〜3年で始めたことだけど、だいぶノウハウが溜まってきた気がする。

アメリカにいた頃は100%買ってくるピザだったが、これだとアメリカに戻ってもおいしい自家製ピザを作ることができる。

余っている具を載せればいい

例えば味噌汁は冷蔵庫に余っている野菜を使ってうまく処理するが、ピザもそういう面がある。なんでも、という訳にはいかないが、結構チャレンジングな具材でも載せて焼けばそれなりに仕上がる。

Mensaの試験申し込み完了!

ながかった・・・

ようやくMensaの試験にエントリーできた!

f:id:chiwahi:20180510212045p:plain

Mensaの試験は募集が大体月に一回。

そして募集開始1〜2時間で満員になって締め切ってしまう。

かれこれ去年の秋からのほほんと定期的にチェックしてきたが、まったく応募できる感じがしないので、2ヶ月ほど前からツールで通知が来るようにしていた。

これを使いました

Visual ping

https://visualping.io/

ウェブサイトが更新されたら通知してくれるツール。

Chromeのアドオンだったかな?

↓を登録しておく。

mensa.jp

それでも2〜3回は手遅れになった。

ゴールデンウィーク中でパソコンを触っていない時間が多かったり、その月のVisual Pingの無料監視回数がオーバーして、ツールが稼働していない時に募集開始したりして、何度か見逃した。

Mensaは試験にエントリーするのが難しいとWebの何処かで読んだ。

確かに。

ある意味、こういうツールを使うことを思いつくとか、そういう能力も試されている。

Mensa側は意図してないだろうけどw

こうやって応募しました 

自宅のパソコン、会社のパソコン両方にVisual Pingを入れていた。

退社する18:00ごろ、一回目の通知がきた!

サイトを見てみると大阪の募集がオープン。

ちぇ。ちがったかー。

そうこうしていると2度めの通知。

今度は富山。

3度目。

次は大阪が満員に。

4度目。

東京がオープン!

急いでf:id:chiwahi:20180510212236p:plain申し込むボタンをクリック!

名前とかも急いで入れて最終入力を済ませないと締め切られちゃう!

一箇所、自分の顔写真をアップロードするというのがあるので、写真の用意を忘れずに。僕はどっかに保存して準備しといた気もするが探しきれなかったのでiPhoneで自撮りしてパソコンに送って、それをアップ。

※この写真は申込みが完了した後差し替えることができます。

そしてついに、

「申込みが完了しました」

というメッセージに到達。

登録したメルアドにメールも来たので、無事に申し込み完了。

いやーここまでながかったなー。

後は試験の3営業日前までに受験料1万円を振り込むだけ。

がんばるぞー

地頭を計測するようなテストなので、本来は準備や対策も不要なはずだが、それでもテスト慣れしておかないと、というのはある。

まだ1ヶ月以上あるので余裕だが、近づいてきたら試験対策をやっておこう。

ツールは必須

申し込み後もしばらくサイトを見張っていたが、応募は1〜1.5時間で満員になってしまっていた。

1ヶ月の間に1〜2時間だけの募集、これを人力で監視するのは無理だ。

ツールを使うべき。

Mensaを受験しようと思っている人は参考にしてください。

Visual Ping以外にも似たようなツールあると思う。

精神状態が平安なのは幸せなことだ

TOKIOの山口が大変なことになってる。

(知り合いじゃないので敬称をつけてないけど軽蔑しているわけではない)

細かいことは知らないけど、会見直後に入院し、家族の付き添いで病院のベッドの上だとか。

精神的にしんどいのはわかるけど、入院できるレベルの病気なんだろうか?

まあ精神状態がやばいってだけかもしれない。

まあそれでもいい。どうでもいい。

で、ほとんど誰とも口をきかず、時折ベッドの上で号泣しているそうだ。

僕はこう感じる。

確かに過ちを犯したのは悪いことかもしれない。

でも、人は間違いを犯すものだと思う。出来心ってのがある。

僕にだって過ちを犯してしまう可能性はある。

アメリカ時代に飲酒運転で捕まったし。

でも、僕は幸運なことに自分の一生を棒に振るような致命的な過ちは犯していない。

はーよかった。。。

僕は彼をざまあみろ、とは思わない。

むしろかわいそうだなーと同情する部分さえある。

ただ、僕は彼じゃなくてよかったな、ラッキー・・・と思う。

僕にとってはまったくの他人事なので「がんばれ!」とも思わない。かわいそうと思うだけだ。

一度近所の焼肉屋で見かけたことがあったので、それを思い出すと「あのときはまだ輝いていた頃なんだなー。」と哀れみにちょっとスパイスが加わる程度だ。

僕が今日もこうしてのほほんとしている間も、彼の心は本当に辛いはずだ。

僕にもこういう時がある。

イライラしているとか

とても哀しいとか

とてもムカついているとか

やり場のない怒りを抱えているとか

とにかくよくない精神状態。

そういうとき、その最中にもこう思うことがある。

「オレがこうストレスフルなこの瞬間も他人は他人の世界で平穏なんだなー。オレもあっちの世界にいきたいなー。」

で、今僕はその平穏な状態の中にいる。

幸せなことだ。。。

自分が一生こういう致命的な過ちを犯さないことを願う。

しないと誓う、というより、しない一生であってくれ!と願う感じ。

自分自身のことだからしないと誓う、でいいのでは?と思うかもしれないが、自分は自分を信用していない。

まとめると

  • どん底の状態にある彼をざまあみろとは思わない
  • ただ、自分じゃなくてよかったと思う
  • 自分もこのようにならないことを祈る

応募完了:PlayStation

先日頑張って書いたカバーレター、知り合いのアメリカ人女子にレビューしてもらって、かなりいろいろ書き直した。

まあ丸くはなっちゃったけど、ネイティブを信用しよう。

もう一人、アメリカ在住の知人にもレビューをお願いしていたが、返事がないので、もう出しちゃうことにした。

オンラインでの応募、拍子抜けするぐらい簡単だった。

リクルーターを通していないので、相手にとって余計なお金はかからない。

さあ、

単純に書類選考で落ちちゃうか。

面接まで進めるか。

どうなるかなー。

まあダメなら次の企業にいくけど。

ぜひうまく行って欲しい。

お金が戻ってくるぅ〜

区役所から電話が

昨日会社で仕事をしていると知らない固定電話の番号から着信があったことを発見。

なんだろうとかけなおしてみると、港区役所から。

僕が出した確定申告の資料を見直していたら、僕が所得を誤って多く申請していたらしく、税金払いすぎですよ、とのこと。

何故起きたか

税額は所得に応じて決められる。

昨年僕は転職をしたので、前職と現職の源泉徴収票を入手し、申告した。

前職の給与情報+現職の給与情報をあわせて2017年の所得を計算した。

しかし、現職の源泉徴収票に、すでに前職の情報が盛り込まれており、僕が合算したことで、

申請額が 前職+(前職+現職)

となってしまい、前職の給与分がダブっている。

そりゃー、税金も上がるよ。追徴金17万円も払ったもん。

確かに

「え?こんな額になるんだっけ??こんなに給与あるのに全然暮らしが楽にならないなー」

なんて思ってたが、計算間違えてた。

税には2種類ある。

基本的に給与から支払う税は

の2種類。

所得税は国民の税だから税務署の管轄

住民税は地方税だから区役所の管轄。

区役所の方が発見してくれなかったら損するところだった。

区役所側はすでに修正してくれたそうなので安心だ。

そんなわけで、税務署で修正の申請処理をしてもらって、還付金を受け取る手はずになった。

戻ってくる額

追徴金として払った17万円

今回本来の還付金24万円

で約41万円。

よっしゃー!

銀行の残高が18万円ぐらいしかなかったので、嬉しい誤算だ。

うちって赤字になりそうでならないなーw

ギリギリ低空飛行を続ける我が家でした。