脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

利益の秘密 #011 未来を計画できる立場をつかめ デファクト・スタンダード利益モデル

これを勉強しています。

Windowsがいい例

周りが全部Windowsを使っていると、技術的互換性や業務スタイルの統一などの理由から自社も使わざるを得ないというプレッシャーが高まる。

十分に普及した共通のフレームワークとなった商品はそれを使わない少数派にあえてなることは合理的ではないし、ユーザー同士が宣伝しあっているようなものだ。

これはこの普及レベルに達しないと発現しない現象なので狙ってできるものではないかもしれない。

スーパーミントへの適用

ちょっと難しいな。

ただ、似て非なる戦略を思いついた。

◯◯するならスーパーミント

みたいに、ここで他社のアイスを選ぶわけないよね?というプレッシャーをかけることは出来るかもしれない。

  • お風呂上がりにスーパーミント
  • 暑い夜にはスーパーミント

と、新しい習慣を提案しつつ、まるでそれが当然、みんなもそうしてる、それ以外ないよね?

という空気をだしてアピールするのはありかもしれない。

ちょっと本筋から逸れた。

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

今週のお題「今年中にやっておきたいこと」

今年もいろいろありました。

一年、早いねー。

でも、思い返せばいろいろありました。

今年中にやっておきたいことを考えるために今年何をしたかざっくりと振り返ってみよう。

1月

インドに出張。

帰りの飛行機に乗り遅れ、急遽延泊するなどアドベンチャー発生。

会社に退職することを通達。

2月

退職。

有給消化の半月はなにかお金稼ぎができないかと模索したが結局大したことはできず。

5人の子供に簡単なゲームプログラミングを教えて総額1万円稼ぐ。

お金稼ぐのって大変だね。

3月

新しい会社に入社。

組織の巨大さと全体像のつかめなさ、仕事の不明瞭さに戸惑う。

また、ITツールのショボさに愕然とする。前途不安。

4月

フランスに出張。

初めてのフランス。

急な話だったのでミュンヘン経由の超きついフライト。

フランス全く好きになれない。

ほっぺにチュッチュする挨拶「ビズ」に初めて出会い、ビビるが1週間で慣れる。

バランススクーターを買う。テンション上がる。

5月

そろそろ引っ越し先を考えなきゃなーと物件を見始める。

ゲーム業界飲み会を開催、池袋で豪快な羊の塊肉を食らう。

6月

フランスに出張。

またミュンヘン経由。

やっぱりフランス好きになれない。

「ビズ」をものにする。

レストランで食事した後に財布をホテルに忘れたことに気づくというトラブル。

こういうのも旅の思い出。

7月

町内で引っ越し。

家賃が少し下がる。29万→26.8万に。

広さは少し増える。60→70m2ぐらいに。

前はマンション最上階で東京タワーがどどんと見えたが、今はそういう景色はない。

しかし引っ越してみるとそれはそれほど強い喪失感はなかった。

8月

葛西臨海公園に海遊びに行ってみたり

多摩川に川遊びに行ってみたり

湘南に行ってみたり

近所で遊ぶ。

海はだめだ。

砂は黒いし(火山岩ベース?)、全然よくない。

ロサンゼルスに帰りたい。

一年以内に転職でロサンゼルスに帰ることを誓う。

今の仕事に長期間携わる気が持てない。

9月

ブログを始める。

ゲーム業界を卒業(挫折)したので、次に打ち込める題材を探すべく、今まで興味があるが手を付けてないものなどをブログ上でプロジェクト化し、満遍なく試してみることにする。

10月

トーストマスターズに正式に入会。

スピーチうまくなるぞ。

自転車を買う。テンションあがる。

11月

初めて石垣島に旅行。

脱サラしてB&Bをしている友人と話して、いよいよサラリーマンとしての将来から脱線して自分で生きる道を探さないといけないという焦燥感にかられる。

50万円のビジネスラーニングコースを購入。

見つけた!次に情熱をかけるものはミントアイス!

自分のミントアイスを世界一にするためのリサーチや準備を始める。

転職してロサンゼルスに行くのではなく、日本でミントアイスで大成功してロサンゼルスに凱旋帰国することを誓う。そうなるとロスに帰るのは一年後ではないかもしれない。

12月

ブログは未だ続いている。

個人事業主の開業届けを出したり、銀行口座を開設したり、事務的な処理を進める。

ミントアイスの要、ミントの情報収集及びサンプル収集で手間取っている。

国内で目をつけた業者はハズレだった。

しょうがないのでアメリカの業者に目をつけ、問い合わせメールを出したが、返事が来ない。

ぜひ今年中になんとかこの業者に関しては決着をつけたい。

ということで、今年中にやっておきたいことは

 目をつけたアメリカのミント業者とコミュニケーションして何らかの結論に達したい

でした。

個人事業主を始める時に最適な参考書

わからないことだらけ

自分で事業を始めたい。

でも何をどうすればいいのかわからない。

特に税周辺はどうなっているの?

冷凍庫買ったら経費になる、ということはわかる。

でも、その前に個人事業主として届け出したほうがいいんだよね・・・?

今年はあと1ヶ月しかないし、今年中に販売にこぎつける気はしないのだけど今年に買ってもいいの?

来年明けてからのほうが一年の区切りの中に収まっているし、来年買ったほうがいいのかな?

電車賃とか領収書でないけど、どう申告するの?

などなど。

いやー、会社勤めだとわからないね。

サラリーマンだけやってると世の中を知らないことを痛感するね。

素晴らしい本

そういう時、個人事業主として確定申告の疑問をすべて解決する素晴らしい本を見つけた。 

これは「MFクラウド確定申告」の公式ガイドブックだけど、それ以外の基本もカバーしてくれている。

確定申告の基本も全て押さえている。

また、帳簿関連、こういうところ、しりたかったんだよねー。

まさに今から必要となる知識だ。

  • 帳簿・領収書の保存
  • 領収書の受け取り方
  • 領収書がない場合はどうする?
  • 銀行口座を用意する際の注意点
  • 開業前にかかった経費の取り扱い

どうせ確定申告ソフトはMFクラウドを使おうと思っていたから、ちょうどいい。

届きました。

さっと中を見てみるが、これ以上ないほどにわかりやすそうな感じ。

ブログプロジェクト化して勉強するほどではないが、基礎部分はきちんと勉強しよう。

いいアイディアは複数の問題を同時に解決する

スーパーマリオの生みの親、任天堂の宮本さんの言葉だ。

これは本当にいい言葉だと思う。

マリオのジャンプの役割

  • 飛び越える:向こう岸や高いところへの移動
  • 飛び越える:敵を避ける
  • 頭でブロックを壊す
  • 踏みつけて敵を倒す
  • ヨッシーの背中に乗る
  • 水中を泳ぐ

他にもあるかもしれないがジャンプ一つでたくさんの目的がある。

そしてジャンプは今では普通だが当時は発明だった。

ジャンプの仕方

  • 助走をするかどうか
  • 短く・長くジャンプするか
  • いつジャンプするか
  • どこでジャンプするか
  • 何回連続でするか(複数コインが出るブロックを突き上げる、泳ぐ)

ジャンプ一つとっても目的によってやり方が違う。

ジャンプのお陰でアクションの幅が大きく広がった

そしてユーザーは多彩なアクションを使いこなすのではなく、ジャンプ一つを深く掘り下げることで上達していく。

ボタンを駆使しまくる難しい操作のゲームの対極にあるコンセプトだ。

ただしゲームにおいてジャンプほどの発明はそう簡単に出来るものではない。

こんな「いいアイディア」は一朝一夕に出てくるもんじゃないことがわかる。

このブログ

「ブログをすること」は僕にとって一石X鳥の「いいアイディア」だと思う。僕専用なので万人向けではないけど。

  • アイスクリームビジネスを思いつくきっかけになった。
  • 自分が興味を持っていることそれぞれを興味の度合いを測れた。(今までは序列を付けれなかった)
  • 気が進まないこと(利益やファイナンスの勉強、その他小難しいこと)もやり遂げるモチベーションのもととなっている。
  • 生活に張りが出る。
  • 考えを整理できる。
  • これまでの成長や進捗を確認できる。
  • 全般的に継続のモチベーションを保てる。

ざっくり分かるファイナンス #016 企業の収入は税引き後営業利益

これを勉強しています。

ちょっと怠けて、勉強が途切れてた。

今日はやる気があるのでがんばろう。毎日2ページずつでもいいから。

てことで今日も2ページw

企業の収入は税引き後営業利益

企業にとって最も重要な物は本業の営業利益。

すなわち「本業で儲ける力」。

ただし、利益には課税されるので、税を引いたあとの金額が残された本当の利益となる。

税引き後利益 = 営業利益 ー みなし法人税

※みなし法人税 = 課税所得x実効税率

※実効税率は住民税率、事業税率、法人税率の全てをかみしたもので約40%となる。

商品の利益率が40%だとしても、企業全体として管理費などいろいろ更に引けるので、課税所得に掛けた税率となる。

例えば1000円、利益率40%の商品を1000個売ったら、利益は40万円。

でも、その利益で30万の設備投資をした場合、課税対象は40万ではなく、40−30=10万になる、みたいな話だと思う。