脱サラたまごクラブ by ちわひ

40代既婚男性が今の雇用と生活水準を維持しながら、脱サラ&副業の可能性を探ります。(★完了 ☆休眠)

利益の秘密 #018 フォローアップの潜在力 販売後利益モデル

これを勉強しています。

価格感応性

この本では価格に敏感になる程度のことを指している。

おそらく英語では price sensitivityなんて言葉なのではないだろうか。

価格感応性が低い例

スタバのコーヒー。

10セント余計にコストを書けただけのコーヒーに$3も払う。

価格感応性が高い例

テレビ。

とにかく安く一番コスパが良い商品を欲しがる。

車。

とにかく値引きをしたがる。

航空券

とにかく安いチケットを探す。

ただし、価格感応性が高くなる商品でも、買い手の言いなりになることもある。

それは、その商品がレアものな場合、お客は喜んで高値でも買う。要するに限定が加わっている状態だ。

価格感応性が高まる条件とは?

  • 価格が高い
  • 価格の幅が大きい
  • チョイスが多い(限定がない)

価格が高いことと関連するかもしれないが、

  • その商品によって実現(達成する)目的の大きさ

ということもあるのではないか。

というのは、

コーヒーを買って飲むことはは日常の何気ない、あまり大きくなく意味のない目的。「今日飲まなくても人生にさほど大きな意味はない」と感じることが出来る瑣末なもの。

テレビは毎日映像を楽しむという大きな目的。

車は気軽に複数人が移動できるという大きな目的。

航空券は空を飛んで目的地に到着する目的。

コーヒーのような小さな目的は、価格よりもトータルの雰囲気やディテールに目が行きがち。すなわち価格じゃない部分に目が行きがち。

テレビや車や航空券は目的が大きいので、細かいディテールはさほど気にならない。それよりも「大目的を達成するためのコスト」=価格が気になる。また、目的が達成されるならばブランド自体が気にならない場合もあるだろう。

では、価格感応性が低くなる条件とは?

さっきの逆だ。

  • 価格が低い
  • 価格の幅が少ない
  • チョイスが少ない(限定的)
  • 達成目的の規模が小さい

これはスタバのコーヒーに適用できるか?

◯ 価格が低い:せいぜい$5程度

◯ 価格の幅が少ない:他社の安いコーヒーもあるが、ブランド枠で考えると幅は狭い

◯ チョイスが少ない:スタバを同じ目的(ブランド満足度)を達成する他社商品は少ない

◯ 達成目的の規模が小さい:コーヒーは日々の些細な満足

スタバはブランドが確立しているので、コーヒというそれほどレアではない商品でもこのような戦略が適用できる。

では価格感応性が高い商品は不利なのか?

大きな商品が多いので、一度買ってしまえばアフターセールス・付加セールス的な需要が発生する。車に対する保険などまったくジャンルが違う商品が売れ始める。

そこに商機がある。

インストールベースモデルに近いが、相違点はアフターセールス商品はメイン商品とは筋が違うものが多いということだ。

家を買った直後かほぼ同時に家具を売るのはいいアイディアだと思う。

スーパーミントは?

こちらは価格感応性が低い位置に持っていきたい。

  • 価格が低い
  • 価格の幅が少ない
  • チョイスが少ない(限定的)
  • 達成目的の規模が小さい

 とりあえず個性的な商品なので、ブランドを確立することでオンリーワンになって多少高くても顧客が納得して買ってくれる様になると思う。

今週のお題「受験」

今週のお題「受験」

長女の受験、僕の受験

長女は中学受験をする。

もう試験は来週の土曜日だ。

僕は来週はフランスに出張していないのでサポートできないが、ラストスパート頑張って欲しい。

もうここまできたら勉強時間ではなく、「やり方」「効率化」「戦略」にフォーカスした勉強をするように、と伝えた。

また今更ながら算数の分からない問題を聞いてくるので教えたりしている。

先日の模擬試験では平均を下回っていたので、正直かなり難しいと思う。

残念か、と言われれば正直残念だ。

しかし、中学受験のモチベーションなんて小学生には自然には持ちにくい。

だってその中学に行くことの意味を本当にわかっていないんだから。周りの仲良い友達皆が行く、とかのほうがよほどわかりやすい。

だから、親も焚き付けにくい。

「行きたいって言ってるのはあなたでしょ!?」

といいにくい。

だって心の底ではなんでがんばってるかわからないんだから。

なんとなく勝ち負けがはっきりするし、ある意味レッテルが与えられるし、人生初めての明確な挫折になるかもしれない、そんな雰囲気では踏ん張れない。

それでも頑張れる子はいるし、そういう子が合格するのだろうけど、うちの子は自分に甘いので踏ん張れない。

無理だろうなー。

こうデータで出ていることに対しても盲目的に子供を信じることは難しい。

もちろん気持ちでは大応援。気持ちと現実は違う。

ただ唯一いえるのは、この受験という機会があったことで頑張る理由ができ、実際に頑張った経験こそが本人のためになると確信している。

僕はMENSA受験をする。

僕は高IQを証明するために、MENSA入会試験を受けようと思っている。

日本での就職ではあまり役に立たないらしいが、アメリカではちゃんと売りになるし、何よりも自分の自信・プライドの源泉になる。

受けると言い出して早くも4ヶ月ほども経ってしまったが、受けてない理由は、たったひとつ。

試験への募集がオープンしてもあっという間に埋まってしまい、いつも見逃してしまっているからだ。

そろそろまた募集がかかる気がするので、ウェブサイトを日々注視しよう。

では、自分の準備はできているのか?

正直微妙なところだ。

長い間ぼけーっと生きてきたからか、加齢なのか、以前よりもシャープさがなくなって気がする。

だからなんとなく合否ボーダーラインにいるのではないかと思う。

でも、応募できたら、短期集中で訓練し直して備える。

MENSA会員資格は僕の精神によく働くと思うので、ぜひとも欲しい。

 

娘よ、父さんもなんだかんだでプレッシャーを感じながら未だに受験をするのだよ。

でもそれは自分のためにしてるんだよ。

君もがんばれ。

お金見つけた!投資に回せぇぇぇぇ

妻やる気

今日は妻がファイナンシャルプランナーの講演を聞く機会があったようで、資産に対して興味を持ったらしく、初めて「教えて」と言ってきたので一緒にうちの資産をリストアップした。

うちはアメリカにも資産がある。 

うちの資産(日本)

預金

  • MUFJ 12万
  • みずほ 19万
  • ゆうちょ 10万(?)

ゆうちょは帰国時には300万ほどあった気がするが、引っ越しなどで消し飛んでしまった。

個人年金

62歳から引き出せる。引き出す時に課税される。

国民年金

払込年数が少ないのでもらえる権利なし。

ただし、アメリカの年金ソーシャルセキュリティを17年以上払っているので、そちらは確実にもらえるし、なんか日米は年金協定があるとかなんとかでうまいこと合算することが出来るみたいなことを発見。

とはいえ、今後どうなるかわからないので、あまり期待しないでおく。

トータル資産は目減りしている。

帰国時にゆうちょの300万がトータル150万(12+19+10+106:課税無視)ほどになったと考えれば150万のマイナスだ。

日本で投資はできないのか・・・

このポートフォリオを見る限り、そんな余裕はない。

生活を維持するだけでアップアップだ。

すると妻が・・・

「あー、そう言えば私の個人の口座でお金が寝てるから、投資した方がいいのかなー」

おお!そういえば!

結婚してからはその妻の個人口座はできるだけ持ち出ししないように、しても自分のために使ってね、と伝えていた。

聞けば結婚してちょっとずつ切り崩してきているそうだ。

これだ!

これを投資に回そう!

あくまでも妻のお金ではあるが、妻の資産が増えればいろいろな形で間接的にも恩恵はある。

どういう投資する?

もうそれは最新のFINTECH、ロボアドバイザーでしょう。

調べてみると結構いろいろチョイスあるみたいだけど、急先鋒のウェルスナビか、THEOの2択だな。

僕だったら、最もハイリスク・ハイリターンに全プッシュ。

でも、妻のお金なので妻のいいようにしなければw

彼女は投資に於いてどういう性格になるのか。

新しい一面をのぞけそうで楽しみだ。

ただ、ゆうちょは実感熊本でなにか定期契約とか定期保険とかそういうことをしている可能性もあるとかで、春に実家に帰ってからじゃないとお金を動かしにくいかも、と。

まあ目の前の生活資金は僕の稼ぎから賄わなければいけないし状況は何一つ良くなってないけど、なんか嬉しい発見だった。

あと、第二の収入としてのアイスクリーム事業を早く始めなきゃと改めて思った。

アイスクリーム #043 ペパーミントオイル

これまでの課題

なかなか思い描いた風味+スースー感にならない。

日々材料の組み合わせを考えている。

ハッカ油

もともと家に置いてあったもの(自分で買ったものだが)。

お風呂に入れたりしてた。

  • X 風味
  • ◯ スースー感
  • X 苦味

ハッカ油の匂いは食べ物向きではない。

メントールは抜群につよく、40mlのアイスにほんの2滴入れただけでかなりスースーする。

ただ、苦味も相当ある。

ペパーミントエッセンス

  • ◯ 風味
  • X スースー感
  • ◯ 苦味

香りだけ、という感じ。

僅かにメントールは感じるものの、ミントっぽい香りがあるなーという程度。

香料の販売サイトには、「エッセンスはアイスクリームなどによい」とあったので買ってみたが、メントールが圧倒的に足りない。

何らかの方法でメントールを追加してスースー感を出さないといけない。

ペパーミントエッセンス+メントール

  • ◯ 風味
  • X スースー感
  • X 苦味

 メントールをエッセンスに溶かしてアイスに混ぜる。

スースー感はあまり感じないが、苦味だけが強烈に残る。

メントールを溶かして追加する方法はうまくいかない。

おそらくメントールを感じるようにする触媒みたいな潤滑油みたいな増幅器みたいな物質が必要なのだと推測する。

旨味成分だけのスープではなんだかぼやけているが、そこにほんの少し塩を入れるだけで一気に旨味を感じるようになるのと同じようなイメージ。

ハッカ油の経験から、ペパーミントオイルを入手して試してみるべきという結論にたどり着いた。

今日追加の香料到着しました

ペパーミントオイル。これは精油100%。混じりけ一切なし。

瓶の口を臭ってみると、おぉ!

まさにガム!ロッテグリーンガムっぽい。

これこれこれこれこれぇ!やっぱりハッカとは風味が全然違う。

今日のレシピ

  • れん乳アイスクリーム 40ml
  • ペパーミントオイル 5滴
  • ペパーミントエッセンス 5滴
  • スペアミントエッセンス 5滴
  • スピルリナブルー(着色料)少量

ペパーミントエッセンスははじめにオイルと間違って入れちゃった。

  • △ 風味
  • ◯ スースー感
  • △ 苦味

やはりオイル5滴でかなりスースー感が出る。

風味はまだちょっとなんだか物足りない気がするが、そこは香料を加えたりすることで補完可能だろう。

苦味はこのスースー感に対してのレベルなら我慢できる。

いわゆるガムとかと同じような感覚。

個人的にはもっと苦味を抑えたいが、自分に甘い僕はいったん合格点圏内とするw

たぶんペパーミントオイルを使うのが正解だ。

ミントの垂直展開のミントレベルでいえば、レベル4ないし5かな。

当面の方針

  • スースー感はペパーミントオイルで表現する。
  • メントールは当分使わない。
  • より(僕の考える)ミントらしくなるよう様々なエッセンスで香りを追加する。

僕のいう「ミントレベル」とは、スースー感(メントール)の強さレベル。風味のことではない。

スースー感がレベル1〜6まであり、それはペパーミントオイルの量で表現する。

ペパーミントオイルを多く入れればオイルによるミントの風味は多少増す。しかしスースー感が強くなると風味が隠れてしまうので、おそらくミントレベルを高くすると同時に風味付けのパンチも強くすることになると予想している。

次の目標

ペパーミントオイル 1滴=ミントレベル1でいいかをざっくり確認した後、他の香料と混ぜ合わせてミントレベル1の完成品として最適なバランスを作り上げる。その後にその風味(の感じ方)を保ったままスースー感を上げていく。

今の予想だと、こんな感じのレシピじゃないかと思う。

レベル1ならミントがあまり好きでない家族にも試食してもらうことができる。

いやー、地味に前進した。良かった。

利益の秘密 #017 わずかな価格差をめぐるゲーム 景気循環利益モデル

これを勉強しています。

販売量が景気循環(景気)に影響を受ける商品

景気が上がれば商品が売れやすく、景気が下がれば商品が売れにくい。

  • 建築資材:建物を立てるのは景気がいいとき
  • 化学製品:なぜ?
  • 製紙:なぜ?
  • 樹脂:なぜ?
  • 航空機部品:なぜ?

ここで上げられた例は殆どその理由がわからないが景気が悪くなると

  • 投資のように現状に上乗せするもの
  • 嗜好品や贅沢品のような生活必需品ではないもの

の販売が落ち込むのは想像に難くない。

余計なお金を使わず現状でなんとか持ちこたえようとする。

すなわち 

景気がいいと投資や消費があがり

景気が悪いと投資や消費がさがる。

その場合、販売量は景気と連動して上がったり下がったりすることが多い。

景気が上下するなら販売量も合わせて波打つように上下する。

ただ、利益は販売量で測るものではない。

価格を変動させる

景気に合わせて価格を上下させるのは懸命な考えだ。

しかし、市場の動向などをいち早く察知して

他よりもやや早く価格を下げる

他よりもやや遅く価格を下げる

ことで景気と顧客の価格感度の時間差に対応することで販売量を最大化する。

・・・と僕は理解した。